HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

[ 最新記事及び返信フォームをトピックトップへ ]

■12320 / inTopicNo.1)  「薔薇十字館殺人事件」第4話
  
□投稿者/ イングラム 1075回-(2013/01/23(Wed) 12:51:18)
    2013/01/23(Wed) 13:01:15 編集(投稿者)
    2013/01/23(Wed) 12:56:42 編集(投稿者)

    皇の死体は、腐敗防止にと、毛利が、クロッシュをかぶせ、北側のワインセラーへ。
    (ワインセラーは地下に2つあり、北側の方が温度が低く設定されていてる)
    しかし、プリザーブドの黒薔薇同様の処理が死体に施されているとしたら、
    警察が来て調べても、死亡推定時刻はわからないかもしれない。

    禅田は、皇とは2年前に付き合っていた、と言うが、
    しかし、皇と小金井の関係については、知らないと言い張る。

    夜、白樹とともに風呂に入った美雪は、
    先に入っていて、2人を見て出て行ったジゼルの背中に、
    大きな赤い十字架を見る。
    さらに、白樹が、兄弟が1人いるが、幼い頃に別れたので、
    顔も覚えていない、と言う。

    入浴後、タオルは、近くのタオル回収BOXに入れてくれ、と毛利。
    一の「本当のホテルマンみたい」という言葉に、一瞬妙な反応をするが、
    「昔、少しだけホテル勤めをしていた」と言う。
    そこに、風呂から出た祭沢が、「自分は悪くない、悪いのは皇と祭沢だ」と言い、
    逃げるように去る。


    翌朝5時半。皆の部屋のドアの下に、手紙が指し込まれる。

    「お待たせいたしました。
    青薔薇のお披露目を
    これよりいたしますので、
    北の端の円形応接室まで
    おいでください。

    Rozenkreuz」

    しかし、皆が来ても、応接室は施錠されている。
    外から回って見ると、中には、
    青薔薇の上に3つの十字架が描かれ、
    真ん中の枯れた白薔薇で出来た十字架の上に、
    胸に杭を突き立てた祭沢の死体があった。

    高遠は「ゴルゴダの丘(キリストが処刑された丘)」と口走る。
    部屋は、ドアまで敷き詰められた青薔薇で、密室だった。


    4話で3人目の犠牲者。ハイペースですね。さすがに、次は無いと思うけど・・・。
    禅田は、皇と小金井の関係は、本当に知らないのかどうか。

    一と美雪で、入浴時に渡されたタオルが違うとか、
    (一は「ルイ14世」、美雪は「プリンセス・ドゥ・モナコ」)
    タオルはまとめて回収BOXに集められるとか、なんか意味ありげな感じも。
    別に風呂で死体が見つかったわけじゃないので、
    ミスリードの可能性も、十分ありますが。


    ジゼルの背中のアザ?は「銀幕の殺人鬼」の黒河美穂、
    胸に杭の死体は「蝋人形城」のリチャードを思わせますね。
    しかし、ジゼルの方は、それが怪しすぎて、かえって関係ないようにも・・・。
    それがあるために、同性にも裸を見られるのを嫌がる、というのも、同じですし、
    向こうも、サソリのアザだけで、別に関係ありませんでしたし。

    高遠の異母妹は、やっぱり白樹?兄がいる、という発言も飛び出しましたし。

    翌朝直前のシーン、応接室のところかな。
    柱時計は・・・深夜1時半ってとこですかね。
    祭沢の死亡推定時刻?


    次号は休載。次は、再来週の10号ですね。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12321 / inTopicNo.2)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ しろのこ 3回-(2013/01/23(Wed) 19:28:07)
    4話読みました。

    >禅田は、皇と小金井の関係は、本当に知らないのかどうか。

    何か知っていそうな素振りでしたね。

    >ジゼルの背中のアザ?は「銀幕の殺人鬼」の黒河美穂、

    黒河さんは撮影ライトの火傷でしたよね。
    月読さんは・・・燃える十字架に磔にされたとか?(怖い;;)

    >柱時計は・・・深夜1時半ってとこですかね。

    それは見落としてました!犯行時刻かもしれないですね。
    何で1つの部屋に3個も時計あるんだろうw


    皇さんの死体をワインセラーに運んでましたが、
    出したのも片付けるのも毛利さんがやるんですね。
    世話人だから変ではないんですけど。


    祭沢さんが入浴しに来てそれをやめたのが少し引っかかったので
    理由を考えてみました。2つ考え付きましたが
    1つは脱衣所にあった赤白斑模様の蓮花。
    何か過去の自分の犯罪を連想させるものだったのかも?
    もう1つはタオルの柄。
    祭沢さんが手にしていたタオルは、枝の部分まで描き込まれた
    薔薇のデザインだったとか?
    はじめちゃん、美雪ちゃん、白樹先生、月読さんのタオルは
    様々な薔薇のデザインでしたが、一様に花のみが描かれていました。
    ですが、祭沢さんが回収BOXに放り込んだタオルには、
    他の4人のタオルには無い線状の何かが見えるような・・・
    これは薔薇の枝かなと思いました。
    使ってないタオルを回収ボックスに入れるのは不自然ですが、
    薔薇の棘で小金井さんが毒殺された後ということもあって、
    薔薇の棘が描かれたタオルで体を拭きたくなかった、ということなら説明がつきます。
    もしそうだとするなら、渡されたタオルはランダムだったのかという点に疑問が出てきますね。

    とはいえ、ただ単に怖がらせただけで
    こうすることに特に意味があるとも思えませんが、
    殺される人の変な行動は何かあるのかと考えてしまいます。


    密室トリックの方は・・・まださっぱりわかりませんね。
    次号が待ち遠しいです。

ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12324 / inTopicNo.3)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ ラルタン 2954回-(2013/01/23(Wed) 21:37:16)
http://klmn.skr.jp/
    『薔薇十字館殺人事件』第4話です。

    3人目の犠牲者は、祭沢一心。いや、ホントにペース早いですよね。
    その分、単に死者が増えるだけではない見せ場もあるのかも。高遠絡みとかで。

    そんなワケで、“薔薇でできた密室”の登場です。
    館そのものを閉鎖空間にしたのも薔薇でしたし、とことん薔薇尽くしの事件。

    一応、応接間自体も施錠されていたみたいですが、鍵を持っていた所で、
    ドアが内開きの応接間に、青薔薇を隙間なく敷き詰めるのは不可能…という塩梅で
    密室が演出されているようです。
    (第2話で言われていた「紛失した鍵」が、応接間の鍵かどうかはまだ不明。)

    15ページ目、犯人が犯行に及んでいると思しきシーンでは、
    応接間のドアが開いており、逆にテラスへのドアは閉まっている。
    一方、皆が起きたときには応接間のドアが施錠され、テラスのドアが開いている。
    ここら辺のシーンが犯人が踏んだ手順を示しているようで、ヒントになりそうかな。
    あとは青薔薇やゴルゴダの丘をモチーフにしたことがトリックと関係しているか否か。

    とは言え、いかんせん手掛かりがまだ少ないので、今のところ、
    「犯人は青薔薇の下に埋もれて、まだ隠れている─!」というトンデモ推理を挙げてみます(笑)。

    で、トリックその物もさることながら、
    このトリックを仕掛けたことによる犯人のメリットが何なのかも気になります。
    「鍵を持っている人に罪を着せる」類の状況ではないですし、
    かと言って、これを自殺と言い張るような状況にも思えないし…。

    No12320に返信(イングラムさんの記事)
    > 一と美雪で、入浴時に渡されたタオルが違うとか、
    > (一は「ルイ14世」、美雪は「プリンセス・ドゥ・モナコ」)
    > タオルはまとめて回収BOXに集められるとか、なんか意味ありげな感じも。
    > 別に風呂で死体が見つかったわけじゃないので、
    > ミスリードの可能性も、十分ありますが。

    確かに気になりますよね。
    毛利御門がらみで言うと、北側にあるワインセラーというのも
    1F応接間から近いこともあって、ちょっと気になっています。
    ホテルマン、と言うのも殊更取り上げることなのかな、とも…。
    あれ、しろのこさんに言われて以来、毛利御門に引っ掛かってばかり?(^-^;;

    > ジゼルの背中のアザ?は「銀幕の殺人鬼」の黒河美穂、
    > 胸に杭の死体は「蝋人形城」のリチャードを思わせますね。
    > しかし、ジゼルの方は、それが怪しすぎて、かえって関係ないようにも・・・。
    > それがあるために、同性にも裸を見られるのを嫌がる、というのも、同じですし、
    > 向こうも、サソリのアザだけで、別に関係ありませんでしたし。

    月詠ジゼル一人だけだったらミスリードで済んだんですけど、
    部位や色が違うとは言え、白樹紅音もやはり手に十字架がありますからね。
    共通しているというのが気掛かりです。
    ほかにも同様に十字架のアザを持つ人がいるのかな。

    しかしながら、1コマだけだったから良かったけれど、
    金田一と高遠(と佐久羅京)の入浴なんて、あんまり想像したくないよ(^-^;;

    > 高遠の異母妹は、やっぱり白樹?兄がいる、という発言も飛び出しましたし。

    このタイミングで、また気になる言い回しを…、って感じでした(苦笑)。
    仮に異母兄妹だとした場合、育ての父も違う人なのかな。
    高遠の父は「魔術列車」を読む限り、薔薇を育てるような人には思えない。

    > 次号は休載。次は、再来週の10号ですね。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12325 / inTopicNo.4)  Re[2]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ フミちゃん 56回-(2013/01/23(Wed) 22:08:14)
    またしても被害者が…第4話です。高遠の異母妹探しもあるのですが男ばっか死にますね。
    禅田と皇は2年前まで付き合っていたことが明かされました。でも小金井と皇の関係はまだわからず(禅田は知ってそうですが)。
    白樹の手の十字架、青だったんですね。青薔薇とはどういう関係があるのか
    そしてジゼルの背中には大きな十字架の痕が。こっちは真っ赤でした。
    白樹は美雪に幼い頃、兄弟がいて遊んでいましたが顔は覚えてないと言います。それなら高遠は覚えてそうですが違うとなると白樹は高遠の異母妹ではなさそう?なので同じ十字架痕をもつジゼルの方があやしくなってきました。
    一とのやりとにより毛利はかつてホテルマンとしていたと判明。招待客の関係を考える上でホテルというと高遠初登場の死骨ヶ原を思いましたが違うかな。
    入浴時に使用したタオルには薔薇が描かれていて毛利が説明していました。説明できる毛利も気になりますが書かれた薔薇の意味が今後関わってくるのか。
    今のところ真犯人の標的ぽさそうな人やあやしい行動をしていないのは佐久羅のみとなりましたがそれが逆にあやしく、コイツがローゼンクロイツ?とも考えてしまいます。
    小金井はどうやら入浴はせず、意味深なことを口走った矢先、殺されてしまいました。しかも薔薇によって部屋を密室にされて。
    一が起床する前のコマで、白薔薇が舞った?のか「ヒラ」と書かれていましたので時間差で薔薇が扉を開けられないようにする仕掛けがあるのではないかと推理します。

    あと、入浴によって佐久羅が男性で確定しましたが一と高遠の入浴はシュールだなあ。

    No12321に返信(しろのこさんの記事)
    > >ジゼルの背中のアザ?は「銀幕の殺人鬼」の黒河美穂、
    >
    > 黒河さんは撮影ライトの火傷でしたよね。

    黒河の背中の火傷は原作ではなぜそんなものがあるか理由はわかりませんでした。
    撮影のライトが倒れてきて〜というのはアニメでの設定です。
    今回は火傷についての言及あってほしいです。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12326 / inTopicNo.5)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ よっちゃん 4回-(2013/01/23(Wed) 23:05:07)
    こんばんは、いよいよ青バラの部屋が来ましたね。

    ワインセラーの北と南は何かの伏線のような気がしなくもないですね。



    No12320に返信(イングラムさんの記事)
    > 2013/01/23(Wed) 13:01:15 編集(投稿者)
    > 2013/01/23(Wed) 12:56:42 編集(投稿者)
    >
    > 皇の死体は、腐敗防止にと、毛利が、クロッシュをかぶせ、北側のワインセラーへ。
    > (ワインセラーは地下に2つあり、北側の方が温度が低く設定されていてる)
    > しかし、プリザーブドの黒薔薇同様の処理が死体に施されているとしたら、
    > 警察が来て調べても、死亡推定時刻はわからないかもしれない。

    毛利さん、小金井の遺体はどうしたのでしょうね。後皇の死亡推定時刻をごまかす理由ってなんでしょうね? 警察を呼ぶに呼べない状態でそれは意味をなさないような気が。。

    > 禅田は、皇とは2年前に付き合っていた、と言うが、
    > しかし、皇と小金井の関係については、知らないと言い張る。
    皇とはただ付き合っていただけなのかもしれませんね。ただ三人目の犠牲者はてっきり彼女だと思っていました。

    > 夜、白樹とともに風呂に入った美雪は、
    > 先に入っていて、2人を見て出て行ったジゼルの背中に、
    > 大きな赤い十字架を見る。
    > さらに、白樹が、兄弟が1人いるが、幼い頃に別れたので、
    > 顔も覚えていない、と言う。
    タオルBOXと祭沢がタオルを投げ捨てた描写・・何かあるのかな?
    白樹の兄弟説はミスリードでしょうか・・父が薔薇の研究をしていたとなると
    動機が作れそうですね。


    >
    >(中略)
    > ジゼルの背中のアザ?は「銀幕の殺人鬼」の黒河美穂、
    > 胸に杭の死体は「蝋人形城」のリチャードを思わせますね。
    > しかし、ジゼルの方は、それが怪しすぎて、かえって関係ないようにも・・・。
    > それがあるために、同性にも裸を見られるのを嫌がる、というのも、同じですし、
    > 向こうも、サソリのアザだけで、別に関係ありませんでしたし。
    黒死蝶もアザがありましたけど、赤と青のアザは何か示している感じがしますね。
    何かの末裔とかそれ系かしら。。

    > 次号は休載。次は、再来週の10号ですね。

    こんなところで休載とは焦らしてくれますね。。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12327 / inTopicNo.6)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ ミヤ 1回-(2013/01/23(Wed) 23:17:21)
    2013/01/23(Wed) 23:30:35 編集(投稿者)
    2013/01/23(Wed) 23:29:59 編集(投稿者)
    2013/01/23(Wed) 23:26:47 編集(投稿者)

    はじめまして、普段は単行本派なのですが今回は本誌で読み始めたので
    よろしければ書き込ませて下さい。宜しくお願い致します。

    推理というよりはメタ的な視点(?)であれこれ勝手に想像してみたのですが、
    第四話を読んで思ったこと…「蓮花」というのはひょっとして人名、女性の名前なのではないでしょうか?
    それがズバリ高遠の異母妹の名で、実は彼女は既に亡くなっていて…
    今回の事件は彼女の死に関わった者たちに対する復讐…なんて。完全な妄想ですが。
    高遠に対してはその件で何か逆恨み的な感情を抱いている犯人、とか。

    「来ないと異母妹の命がない」という脅迫が、
    単に高遠を呼び出すためのまったくのデタラメでそもそも実在自体しない、
    というのはあんまりにも唐突すぎるので可能性低いと思うんですよね。
    だったら異母弟でも異母姉でもなんでもよかったんかい!的な…
    (坂本竜馬の前例があるから微妙ですが…「じゃあ西郷隆盛でもよかったんかい!」)

    異母妹の存在自体は事実で、けれどこの場には来ておらず既に亡くなっている、
    あたりが一番信憑性ありそうというか、ドラマチックな展開になりそうな予感がするのです。
    高遠の秘められた人間性にも迫れそう…

    妹=被害者・・・金田一君が約束守れなかったエンド
    妹=犯人・・・高遠兄妹二人揃って殺人犯エンド
    なんだかどちらも想像がつきません。
    かと言って、異母妹がこの場にいて尚且つ犯人でも被害者でもなく約束どおり無事に救出された場合。
    その後のことをよくよく考えると、なんだかとっても気の毒だと思いませんか?
    義理の兄が連続殺人犯で脱獄犯で犯罪プランナーで、
    自分のことを守った約束と引き換えに塀の中に自ら戻っていき
    (十中八九)また凝りもせずに脱獄Good Luck!
    って。いもうとカワイソすぎる!
    (まあ仮にそうだとしてもあの高遠は自ら兄だと名乗ったりはせず妹は何も知らないまま、ということはあるかもしれませんが)
    …とあれこれ妄想を繰り広げると、やっぱり「存命してない」が現実的かなあ、と。

    長々と書き綴った上に全く論理的な推理じゃなくて申し訳ありません。
    先生やジゼルの十字架に関してはなんにも説明できてませんし;

    余談ですが蓮花=白と赤の斑の薔薇、で
    近宮玲子の死に際を連想してしまいました。
    「その白バラは彼女の血で紅く染められていた…」by明智
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12328 / inTopicNo.7)  Re[3]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ しろのこ 4回-(2013/01/24(Thu) 20:23:57)
    > 撮影のライトが倒れてきて〜というのはアニメでの設定です。

    アニメはリアルタイムで観てましたが、先に原作は読んでいたので
    アニメ視聴後は何か小骨が取れたような感じでした(笑)
    今回は14話ですから伏線は大方回収されそうな気はしますね。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12329 / inTopicNo.8)  Re[2]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ イングラム 1076回-(2013/01/24(Thu) 21:00:29)
    No12327に返信(ミヤさんの記事)
    > 2013/01/23(Wed) 23:30:35 編集(投稿者)
    > 2013/01/23(Wed) 23:29:59 編集(投稿者)
    > 2013/01/23(Wed) 23:26:47 編集(投稿者)
    >
    > はじめまして、普段は単行本派なのですが今回は本誌で読み始めたので
    > よろしければ書き込ませて下さい。宜しくお願い致します。
    はじめまして、イングラムといいます。
    よろしくお願いします。


    > 推理というよりはメタ的な視点(?)であれこれ勝手に想像してみたのですが、
    > 第四話を読んで思ったこと…「蓮花」というのはひょっとして人名、女性の名前なのではないでしょうか?
    > それがズバリ高遠の異母妹の名で、実は彼女は既に亡くなっていて…
    > 今回の事件は彼女の死に関わった者たちに対する復讐…なんて。完全な妄想ですが。
    > 高遠に対してはその件で何か逆恨み的な感情を抱いている犯人、とか。
    >
    > 「来ないと異母妹の命がない」という脅迫が、
    > 単に高遠を呼び出すためのまったくのデタラメでそもそも実在自体しない、
    > というのはあんまりにも唐突すぎるので可能性低いと思うんですよね。
    > だったら異母弟でも異母姉でもなんでもよかったんかい!的な…
    > (坂本竜馬の前例があるから微妙ですが…「じゃあ西郷隆盛でもよかったんかい!」)
    >
    > 異母妹の存在自体は事実で、けれどこの場には来ておらず既に亡くなっている、
    > あたりが一番信憑性ありそうというか、ドラマチックな展開になりそうな予感がするのです。
    > 高遠の秘められた人間性にも迫れそう…
    >
    > 妹=被害者・・・金田一君が約束守れなかったエンド
    > 妹=犯人・・・高遠兄妹二人揃って殺人犯エンド
    > なんだかどちらも想像がつきません。
    > かと言って、異母妹がこの場にいて尚且つ犯人でも被害者でもなく約束どおり無事に救出された場合。
    > その後のことをよくよく考えると、なんだかとっても気の毒だと思いませんか?
    > 義理の兄が連続殺人犯で脱獄犯で犯罪プランナーで、
    > 自分のことを守った約束と引き換えに塀の中に自ら戻っていき
    > (十中八九)また凝りもせずに脱獄Good Luck!
    > って。いもうとカワイソすぎる!
    自身が犯人になったり、被害者になったりするよりは、
    まだマシだと思いますが(^-^;;

    > (まあ仮にそうだとしてもあの高遠は自ら兄だと名乗ったりはせず妹は何も知らないまま、ということはあるかもしれませんが)
    > …とあれこれ妄想を繰り広げると、やっぱり「存命してない」が現実的かなあ、と。
    この2つ、考えてみると、可能性は、なくはないかも。
    ただ、すでに死んでいる、というのは、どうですかね。

    異母妹に関して脅迫するような手紙を送っておいて、
    実は異母妹は死んでいた、だったら・・・
    なんか、納得いかない感じになりそうな・・・

    >
    > 長々と書き綴った上に全く論理的な推理じゃなくて申し訳ありません。
    > 先生やジゼルの十字架に関してはなんにも説明できてませんし;
    そりゃそうですよ。まだ、出たとこですからね。
    今、推理しろって方が無理です。


    > 余談ですが蓮花=白と赤の斑の薔薇、で
    > 近宮玲子の死に際を連想してしまいました。
    > 「その白バラは彼女の血で紅く染められていた…」by明智
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12330 / inTopicNo.9)  毛利の目の前で・・・
□投稿者/ イングラム 1077回-(2013/01/24(Thu) 21:07:37)
    No12324に返信(ラルタンさんの記事)
    > 『薔薇十字館殺人事件』第4話です。
    >
    > 3人目の犠牲者は、祭沢一心。いや、ホントにペース早いですよね。
    > その分、単に死者が増えるだけではない見せ場もあるのかも。高遠絡みとかで。
    >
    > そんなワケで、“薔薇でできた密室”の登場です。
    > 館そのものを閉鎖空間にしたのも薔薇でしたし、とことん薔薇尽くしの事件。
    >
    > 一応、応接間自体も施錠されていたみたいですが、鍵を持っていた所で、
    > ドアが内開きの応接間に、青薔薇を隙間なく敷き詰めるのは不可能…という塩梅で
    > 密室が演出されているようです。
    > (第2話で言われていた「紛失した鍵」が、応接間の鍵かどうかはまだ不明。)
    >
    > 15ページ目、犯人が犯行に及んでいると思しきシーンでは、
    > 応接間のドアが開いており、逆にテラスへのドアは閉まっている。
    > 一方、皆が起きたときには応接間のドアが施錠され、テラスのドアが開いている。
    > ここら辺のシーンが犯人が踏んだ手順を示しているようで、ヒントになりそうかな。
    > あとは青薔薇やゴルゴダの丘をモチーフにしたことがトリックと関係しているか否か。
    >
    > とは言え、いかんせん手掛かりがまだ少ないので、今のところ、
    > 「犯人は青薔薇の下に埋もれて、まだ隠れている─!」というトンデモ推理を挙げてみます(笑)。
    >
    > で、トリックその物もさることながら、
    > このトリックを仕掛けたことによる犯人のメリットが何なのかも気になります。
    > 「鍵を持っている人に罪を着せる」類の状況ではないですし、
    > かと言って、これを自殺と言い張るような状況にも思えないし…。
    >
    > ■No12320に返信(イングラムさんの記事)
    >>一と美雪で、入浴時に渡されたタオルが違うとか、
    >>(一は「ルイ14世」、美雪は「プリンセス・ドゥ・モナコ」)
    >>タオルはまとめて回収BOXに集められるとか、なんか意味ありげな感じも。
    >>別に風呂で死体が見つかったわけじゃないので、
    >>ミスリードの可能性も、十分ありますが。
    >
    > 確かに気になりますよね。
    > 毛利御門がらみで言うと、北側にあるワインセラーというのも
    > 1F応接間から近いこともあって、ちょっと気になっています。
    > ホテルマン、と言うのも殊更取り上げることなのかな、とも…。
    > あれ、しろのこさんに言われて以来、毛利御門に引っ掛かってばかり?(^-^;;
    ジゼルのこともそうだけど、どこまでミスリードなのか・・・。

    黒沢和馬、辺見魔子、森宇多子、黒河美穂etc...
    態度がおかしいのがミスリードだった、という場合は多いですし。

    毛利は、非常に怪しすぎる位置ですね。

    クロッシュのすり替えも一番やりやすいし、
    ホテルマンみたいと言われた時の表情だったり、
    薔薇にやたら詳しかったり。

    >>ジゼルの背中のアザ?は「銀幕の殺人鬼」の黒河美穂、
    >>胸に杭の死体は「蝋人形城」のリチャードを思わせますね。
    >>しかし、ジゼルの方は、それが怪しすぎて、かえって関係ないようにも・・・。
    >>それがあるために、同性にも裸を見られるのを嫌がる、というのも、同じですし、
    >>向こうも、サソリのアザだけで、別に関係ありませんでしたし。
    >
    > 月詠ジゼル一人だけだったらミスリードで済んだんですけど、
    > 部位や色が違うとは言え、白樹紅音もやはり手に十字架がありますからね。
    > 共通しているというのが気掛かりです。
    > ほかにも同様に十字架のアザを持つ人がいるのかな。
    >
    > しかしながら、1コマだけだったから良かったけれど、
    > 金田一と高遠(と佐久羅京)の入浴なんて、あんまり想像したくないよ(^-^;;
    確かに(^-^;;むさい男3人ですからね(^-^;;

    ちなみに、その後、高遠が風呂場から出て来るシーンで、
    一が「高遠」って言ってますが、その場には、毛利がいるはずですよね。

    他人がいる前で本名言っちゃまずいですよね(^-^;;

    >
    >>高遠の異母妹は、やっぱり白樹?兄がいる、という発言も飛び出しましたし。
    >
    > このタイミングで、また気になる言い回しを…、って感じでした(苦笑)。
    > 仮に異母兄妹だとした場合、育ての父も違う人なのかな。
    > 高遠の父は「魔術列車」を読む限り、薔薇を育てるような人には思えない。
    確かに。そういう趣味の父親とは思えませんでした。

    育ての父が違うのかもしれませんね。

    高遠の父は、近宮玲子が本妻で、愛人か何かである異母妹の母は、
    異母妹を連れて他の男と結婚か同棲していた。あり得ると思います。

    >
    >>次号は休載。次は、再来週の10号ですね。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12331 / inTopicNo.10)  Re[3]: 毛利の目の前で・・・
□投稿者/ ラルタン 2955回-(2013/01/24(Thu) 23:30:13)
http://klmn.skr.jp/
    No12330に返信(イングラムさんの記事)
    > ちなみに、その後、高遠が風呂場から出て来るシーンで、
    > 一が「高遠」って言ってますが、その場には、毛利がいるはずですよね。
    >
    > 他人がいる前で本名言っちゃまずいですよね(^-^;;

    あっ、ホントですね!
    今回の場合は「毛利がまだいた」とは必ずしも断言はできないとも言えますが、
    この調子だと今後、口を滑らしそうで心配ですね(笑)。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12332 / inTopicNo.11)  Re[3]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ ラルタン 2956回-(2013/01/24(Thu) 23:31:31)
http://klmn.skr.jp/
    ミヤさん、はじめまして。以後、よろしくお願いします。

    No12327に返信(ミヤさんの記事)
    >> 「来ないと異母妹の命がない」という脅迫が、
    >> 単に高遠を呼び出すためのまったくのデタラメでそもそも実在自体しない、
    >> というのはあんまりにも唐突すぎるので可能性低いと思うんですよね。
    >> だったら異母弟でも異母姉でもなんでもよかったんかい!的な…
    >> (坂本竜馬の前例があるから微妙ですが…「じゃあ西郷隆盛でもよかったんかい!」)
    >>
    >> 異母妹の存在自体は事実で、けれどこの場には来ておらず既に亡くなっている、
    >> あたりが一番信憑性ありそうというか、ドラマチックな展開になりそうな予感がするのです。
    >> 高遠の秘められた人間性にも迫れそう…
    >>
    >> 妹=被害者・・・金田一君が約束守れなかったエンド
    >> 妹=犯人・・・高遠兄妹二人揃って殺人犯エンド
    >> なんだかどちらも想像がつきません。
    >> かと言って、異母妹がこの場にいて尚且つ犯人でも被害者でもなく約束どおり無事に救出された場合。
    >> その後のことをよくよく考えると、なんだかとっても気の毒だと思いませんか?
    >> 義理の兄が連続殺人犯で脱獄犯で犯罪プランナーで、
    >> 自分のことを守った約束と引き換えに塀の中に自ら戻っていき
    >> (十中八九)また凝りもせずに脱獄Good Luck!
    >> って。いもうとカワイソすぎる!
    >> (まあ仮にそうだとしてもあの高遠は自ら兄だと名乗ったりはせず妹は何も知らないまま、ということはあるかもしれませんが)
    >> …とあれこれ妄想を繰り広げると、やっぱり「存命してない」が現実的かなあ、と。
    No12329に返信(イングラムさんの記事)
    > この2つ、考えてみると、可能性は、なくはないかも。
    > ただ、すでに死んでいる、というのは、どうですかね。
    >
    > 異母妹に関して脅迫するような手紙を送っておいて、
    > 実は異母妹は死んでいた、だったら・・・
    > なんか、納得いかない感じになりそうな・・・

    異母妹の存在について、
    発言のように、被害者になった場合、犯人になった場合…で結末を想像してみると、
    確かにあまり後味がよくないかもしれませんね…。
    となると、異母妹はすでに亡くなっていて動機に絡んでくる、という予想は、
    落とし所としては、充分に考えられますね。

    ただ、イングラムさんが指摘されているように、
    「異母妹自体が存在しない」ほどではないにしても、
    「異母妹がすでに存命ではないのに脅迫状」というのも筋が通らないもどかしさも感じます。

    こうやって考えてると、なかなかスッキリした答えも出ず、
    ここをどう描いていくかで、事件全体の出来も変わってくるかもしれませんね。


    ちょっと気になったのは…
    高遠が少年から受け取った手紙と、金田一に見せた手紙が同一の物だったのかな?
    実は文面が違っていて、金田一に見せた手紙や異母妹のくだりは、
    金田一を誘い出すための捏造だった…とか。
    それこそ本当だとしたら、納得できない展開になりそうですが…(_ _;;

    >> 長々と書き綴った上に全く論理的な推理じゃなくて申し訳ありません。
    >> 先生やジゼルの十字架に関してはなんにも説明できてませんし;
    > そりゃそうですよ。まだ、出たとこですからね。
    > 今、推理しろって方が無理です。

    同感です。まだ本格的に推理する段階ではありませんので、
    予想中心なのは当然ですし、興味深い捉え方でした。

    >> 余談ですが蓮花=白と赤の斑の薔薇、で
    >> 近宮玲子の死に際を連想してしまいました。
    >> 「その白バラは彼女の血で紅く染められていた…」by明智

    確かに妙に符合していますね。
    関係ないけど、白樹紅音という名前も、
    赤と白どちらも含まれた名前なんだな、とふと気付きました。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12337 / inTopicNo.12)  Re[2]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ もっち 1回-(2013/01/27(Sun) 15:42:37)
    No12324に返信(ラルタンさんの記事)
    > 『薔薇十字館殺人事件』第4話です。
    >
    > 3人目の犠牲者は、祭沢一心。いや、ホントにペース早いですよね。
    > その分、単に死者が増えるだけではない見せ場もあるのかも。高遠絡みとかで。
    >
    > そんなワケで、“薔薇でできた密室”の登場です。
    > 館そのものを閉鎖空間にしたのも薔薇でしたし、とことん薔薇尽くしの事件。
    >
    > 一応、応接間自体も施錠されていたみたいですが、鍵を持っていた所で、
    > ドアが内開きの応接間に、青薔薇を隙間なく敷き詰めるのは不可能…という塩梅で
    > 密室が演出されているようです。
    > (第2話で言われていた「紛失した鍵」が、応接間の鍵かどうかはまだ不明。)
    >
    > 15ページ目、犯人が犯行に及んでいると思しきシーンでは、
    > 応接間のドアが開いており、逆にテラスへのドアは閉まっている。
    > 一方、皆が起きたときには応接間のドアが施錠され、テラスのドアが開いている。
    > ここら辺のシーンが犯人が踏んだ手順を示しているようで、ヒントになりそうかな。
    > あとは青薔薇やゴルゴダの丘をモチーフにしたことがトリックと関係しているか否か。
    >
    > とは言え、いかんせん手掛かりがまだ少ないので、今のところ、
    > 「犯人は青薔薇の下に埋もれて、まだ隠れている─!」というトンデモ推理を挙げてみます(笑)。
    >
    > で、トリックその物もさることながら、
    > このトリックを仕掛けたことによる犯人のメリットが何なのかも気になります。
    > 「鍵を持っている人に罪を着せる」類の状況ではないですし、
    > かと言って、これを自殺と言い張るような状況にも思えないし…。
    >
    はじめまして。もっちと申します。
    上述のトリックですが、あながち全く無いともいえないです。可能性は低いですが……

    それは、「今回の事件そのものが自作自演」であった場合。そうすれば、
    青バラの密室→死体に近づけさせないために中から作ったバリケード
    白バラの十字架→下に隠れるためのもの(両端の十字架はカモフラージュ)
    死体→脚部は作り物、首と手は下から出しているだけ、そして胴体は「防腐加工された皇の」死体

    そう考えると、前回死んだ小金井や次あたり死にそうな禅田と比較して、「被害者キャラを作っていた」ような感じにも見えるんですよね(気のせいかもしれませんが…)

    というわけで、私は「あの人」が犯人と予想してみます。
    次回以降の展開次第では断定もしますし、速攻で撤回するかもしれません(笑)



ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12338 / inTopicNo.13)  Re[3]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ ラルタン 2959回-(2013/01/27(Sun) 18:49:58)
http://klmn.skr.jp/
    No12324に返信(ラルタンさんの記事)
    >> とは言え、いかんせん手掛かりがまだ少ないので、今のところ、
    >> 「犯人は青薔薇の下に埋もれて、まだ隠れている─!」というトンデモ推理を挙げてみます(笑)。
    No12337に返信(もっちさんの記事)
    > はじめまして。もっちと申します。
    > 上述のトリックですが、あながち全く無いともいえないです。可能性は低いですが……
    >
    > それは、「今回の事件そのものが自作自演」であった場合。そうすれば、
    > 青バラの密室→死体に近づけさせないために中から作ったバリケード
    > 白バラの十字架→下に隠れるためのもの(両端の十字架はカモフラージュ)
    > 死体→脚部は作り物、首と手は下から出しているだけ、そして胴体は「防腐加工された皇の」死体
    >
    > そう考えると、前回死んだ小金井や次あたり死にそうな禅田と比較して、「被害者キャラを作っていた」ような感じにも見えるんですよね(気のせいかもしれませんが…)
    >
    > というわけで、私は「あの人」が犯人と予想してみます。
    > 次回以降の展開次第では断定もしますし、速攻で撤回するかもしれません(笑)

    もっちさん、はじめまして。以後、よろしくお願いします。

    「事件そのものが自作自演」…つまり、祭沢一心が死んだフリをしている、ということですね!
    密室にした理由や皇の死体の使い方も含まれていて、なるほど、と感嘆しました。
    少なくとも自分がトンデモ推理として挙げたのとは全く別物の域だと思いました。
    (自分の推理はよく読み返すと、事件の朝以降、
    いずれかのコマに容疑者6人ちゃんと揃っていたので、土台無理な話でした(笑)。)

    ただ、祭沢一心の自作自演だとした場合、ずっと死体のフリをしているワケにもいかないし、
    ここからどう行動を起こすつもりなのか、というのが懸念ですかね。


    余談ですが、天樹先生のツイッターによると、
    今回のメイントリックは、祭沢殺害の密室トリックではないようです。楽しみ。
    https://twitter.com/agitadashi/status/295361471876050944
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12343 / inTopicNo.14)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ しろのこ 5回-(2013/01/30(Wed) 20:08:27)
    今週は休載ですが、
    もう一度読み返して気付いた点などを。

    皇さんの死体はワインセラーに保管されたんですよね。
    これ、ムジュンしてないでしょうか?(逆転裁判か!w)
    毛利さんは「死体の腐敗が防げる」と言ってワインセラーに運ぼうとしましたが、
    直後にはじめちゃんと高遠が「死体は腐敗しない」ことを明らかにしています。
    つまり、低温の室内に運ぶ理由はこの時点で消失しています。
    死体を人目に付きにくい所に運ぶこと自体は皆、賛成でしょう。
    ですが、見取り図にはワインセラーに隣接して倉庫もあります。
    ワインセラーと倉庫、死体をどちらに保管するかとなれば、普通は倉庫でしょう。
    ワインは今後飲むかもしれないし、死体と保管されていたワインを
    飲む気にはあまりならないですしね。
    あのまま話が続いていれば、こういった保管場所にも話が及んでいたかもしれませんが
    「そういえば・・・」と、すぐに話題転換されています。毛利さんによって。

    ・・・この先も推理しましたが、5話以降を見てもう一度考えてみようと思います。
    「金田一少年の殺人」の長島警部みたいに、
    最初から犯人を決め付けてそれに引きずられてるだけなのかもしれないですし。


    あと、見取り図を見ていて気になったんですが、
    十字架の下部分にある階段、これ、全然使わないですよね。
    構造上、どこに行くにしたって十字架の真ん中の階段を使うのが近いし、
    地下1階の階段近くにあるのは倉庫だけで、ここに用があって
    上から降りてくることは無いんじゃないでしょうか。
    1階十字架下の階段に繋がる道にはドアがあったので、ここがいわゆる「通れないドア」
    だとしたら、ますます誰も来ない場所になってそうです。
    何かトリックに使われそうな予感が。

ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12344 / inTopicNo.15)  Re[2]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ ラルタン 2962回-(2013/01/30(Wed) 23:05:04)
http://klmn.skr.jp/
    今週、休載だと言うことを
    マガジン買って帰ってきて、いざ開くまで見事に忘れていました(^-^;;

    No12343に返信(しろのこさんの記事)
    > 今週は休載ですが、
    > もう一度読み返して気付いた点などを。
    >
    > 皇さんの死体はワインセラーに保管されたんですよね。
    > これ、ムジュンしてないでしょうか?(逆転裁判か!w)
    > 毛利さんは「死体の腐敗が防げる」と言ってワインセラーに運ぼうとしましたが、
    > 直後にはじめちゃんと高遠が「死体は腐敗しない」ことを明らかにしています。
    > つまり、低温の室内に運ぶ理由はこの時点で消失しています。
    > 死体を人目に付きにくい所に運ぶこと自体は皆、賛成でしょう。
    > ですが、見取り図にはワインセラーに隣接して倉庫もあります。
    > ワインセラーと倉庫、死体をどちらに保管するかとなれば、普通は倉庫でしょう。
    > ワインは今後飲むかもしれないし、死体と保管されていたワインを
    > 飲む気にはあまりならないですしね。
    > あのまま話が続いていれば、こういった保管場所にも話が及んでいたかもしれませんが
    > 「そういえば・・・」と、すぐに話題転換されています。毛利さんによって。

    異議あり! (同じく「逆転裁判」より(笑))

    死体に防腐処理がしてあるからと言って、
    その効果がずっと持続するワケではないでしょうし、
    ワインセラーに運ぼうとしたこと自体に、ムジュンはないんじゃないかと。
    もちろんワインセラーに移動しても、防腐は一時的なものでしょうが。

    > ・・・この先も推理しましたが、5話以降を見てもう一度考えてみようと思います。
    > 「金田一少年の殺人」の長島警部みたいに、
    > 最初から犯人を決め付けてそれに引きずられてるだけなのかもしれないですし。
    >
    >
    > あと、見取り図を見ていて気になったんですが、
    > 十字架の下部分にある階段、これ、全然使わないですよね。
    > 構造上、どこに行くにしたって十字架の真ん中の階段を使うのが近いし、
    > 地下1階の階段近くにあるのは倉庫だけで、ここに用があって
    > 上から降りてくることは無いんじゃないでしょうか。
    > 1階十字架下の階段に繋がる道にはドアがあったので、ここがいわゆる「通れないドア」
    > だとしたら、ますます誰も来ない場所になってそうです。
    > 何かトリックに使われそうな予感が。

    言われてみれば、確かに怪しい構造になってますね。
    紛失したカギの件も「部屋」ではなく「通過できない区域」という言い方なので、
    他に見当たらず、この部分である可能性も高そうです。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12345 / inTopicNo.16)  Re[3]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ イングラム 1078回-(2013/01/31(Thu) 20:57:26)
    No12344に返信(ラルタンさんの記事)
    > 今週、休載だと言うことを
    > マガジン買って帰ってきて、いざ開くまで見事に忘れていました(^-^;;
    >
    > ■No12343に返信(しろのこさんの記事)
    >>今週は休載ですが、
    >>もう一度読み返して気付いた点などを。
    >>
    >>皇さんの死体はワインセラーに保管されたんですよね。
    >>これ、ムジュンしてないでしょうか?(逆転裁判か!w)
    >>毛利さんは「死体の腐敗が防げる」と言ってワインセラーに運ぼうとしましたが、
    >>直後にはじめちゃんと高遠が「死体は腐敗しない」ことを明らかにしています。
    >>つまり、低温の室内に運ぶ理由はこの時点で消失しています。
    >>死体を人目に付きにくい所に運ぶこと自体は皆、賛成でしょう。
    >>ですが、見取り図にはワインセラーに隣接して倉庫もあります。
    >>ワインセラーと倉庫、死体をどちらに保管するかとなれば、普通は倉庫でしょう。
    >>ワインは今後飲むかもしれないし、死体と保管されていたワインを
    >>飲む気にはあまりならないですしね。
    >>あのまま話が続いていれば、こういった保管場所にも話が及んでいたかもしれませんが
    >>「そういえば・・・」と、すぐに話題転換されています。毛利さんによって。
    >
    > 異議あり! (同じく「逆転裁判」より(笑))
    >
    > 死体に防腐処理がしてあるからと言って、
    > その効果がずっと持続するワケではないでしょうし、
    > ワインセラーに運ぼうとしたこと自体に、ムジュンはないんじゃないかと。
    > もちろんワインセラーに移動しても、防腐は一時的なものでしょうが。
    皇の死体に防腐処理が施してある、というのは、
    防腐処理が施してある「かもしれない」ぐらいの話じゃなかったでしたっけ?
    処理がしてあるって、確定してましたっけ?


    >>・・・この先も推理しましたが、5話以降を見てもう一度考えてみようと思います。
    >>「金田一少年の殺人」の長島警部みたいに、
    >>最初から犯人を決め付けてそれに引きずられてるだけなのかもしれないですし。
    >>
    >>
    >>あと、見取り図を見ていて気になったんですが、
    >>十字架の下部分にある階段、これ、全然使わないですよね。
    >>構造上、どこに行くにしたって十字架の真ん中の階段を使うのが近いし、
    >>地下1階の階段近くにあるのは倉庫だけで、ここに用があって
    >>上から降りてくることは無いんじゃないでしょうか。
    >>1階十字架下の階段に繋がる道にはドアがあったので、ここがいわゆる「通れないドア」
    >>だとしたら、ますます誰も来ない場所になってそうです。
    >>何かトリックに使われそうな予感が。
    >
    > 言われてみれば、確かに怪しい構造になってますね。
    > 紛失したカギの件も「部屋」ではなく「通過できない区域」という言い方なので、
    > 他に見当たらず、この部分である可能性も高そうです。
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12346 / inTopicNo.17)  Re[4]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ しろのこ 6回-(2013/01/31(Thu) 22:09:01)
    >死体に防腐処理がしてあるからと言って、
    >その効果がずっと持続するワケではないでしょうし、
    >ワインセラーに運ぼうとしたこと自体に、ムジュンはないんじゃないかと。
    >もちろんワインセラーに移動しても、防腐は一時的なものでしょうが。

    何か、自分が有罪を立証しようとする検事さんに思えてきました・・・(゚ワ゚;)
    エンバーミングは常温で数週間保存できることが売りみたいですし、
    もう死亡推定時刻がわからないのなら
    ワインセラーに置く理由もあまりないように感じるのですが・・・
    心情的にできるだけ冷暗所に置こうという気持ちになっても
    確かに不自然ではなく、ムジュンとまでは言い切れないかもですね(汗


    > 皇の死体に防腐処理が施してある、というのは、
    > 防腐処理が施してある「かもしれない」ぐらいの話じゃなかったでしたっけ?
    > 処理がしてあるって、確定してましたっけ?

    高遠が言ってただけだったような(笑)
    でも、してなかったら相当な刺激臭があると思うので、
    その部分で嘘をついてもすぐわかってしまいそうです。
    何かトリックが仕掛けられている可能性も十分ありますが・・・
ネタバレあり!
引用返信 削除キー/
■12355 / inTopicNo.18)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第4話
□投稿者/ よっちゃん 5回-(2013/02/03(Sun) 22:15:59)
    No12320に返信(イングラムさんの記事)
    > 2013/01/23(Wed) 13:01:15 編集(投稿者)
    > 2013/01/23(Wed) 12:56:42 編集(投稿者)
    >
    > 皇の死体は、腐敗防止にと、毛利が、クロッシュをかぶせ、北側のワインセラーへ。
    > (ワインセラーは地下に2つあり、北側の方が温度が低く設定されていてる)
    > しかし、プリザーブドの黒薔薇同様の処理が死体に施されているとしたら、
    > 警察が来て調べても、死亡推定時刻はわからないかもしれない。
    >
    > 禅田は、皇とは2年前に付き合っていた、と言うが、
    > しかし、皇と小金井の関係については、知らないと言い張る。
    >
    > 夜、白樹とともに風呂に入った美雪は、
    > 先に入っていて、2人を見て出て行ったジゼルの背中に、
    > 大きな赤い十字架を見る。
    > さらに、白樹が、兄弟が1人いるが、幼い頃に別れたので、
    > 顔も覚えていない、と言う。
    >
    > 入浴後、タオルは、近くのタオル回収BOXに入れてくれ、と毛利。
    > 一の「本当のホテルマンみたい」という言葉に、一瞬妙な反応をするが、
    > 「昔、少しだけホテル勤めをしていた」と言う。
    > そこに、風呂から出た祭沢が、「自分は悪くない、悪いのは皇と祭沢だ」と言い、
    > 逃げるように去る。
    >
    >
    > 翌朝5時半。皆の部屋のドアの下に、手紙が指し込まれる。
    >
    > 「お待たせいたしました。
    > 青薔薇のお披露目を
    > これよりいたしますので、
    > 北の端の円形応接室まで
    > おいでください。
    >
    > Rozenkreuz」
    >
    > しかし、皆が来ても、応接室は施錠されている。
    > 外から回って見ると、中には、
    > 青薔薇の上に3つの十字架が描かれ、
    > 真ん中の枯れた白薔薇で出来た十字架の上に、
    > 胸に杭を突き立てた祭沢の死体があった。

    こんばんは、ちょっと備忘録的なことを。
    発見時の祭沢は靴を履いていませんでしたね。美雪は金田一の部屋にいるとき靴を履いていました。
    深夜とは言え誰かが徘徊しているかもしれない時間に祭沢を応接室に運んだのか、それとも呼び出したのか・・靴を履いていないとなると部屋で寛いでいる時に襲われたということになりそうですが、これはいったい・・。特に意味がない可能性もありますが一応書いておきます。



ネタバレあり!
引用返信 削除キー/



トピック内ページ移動 / << 0 >>

このトピックに書きこむ

書き込み不可

Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -
with BBSantispam
Edit by Alsia Lab.