HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

ツリー一括表示

Nomal 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /イングラム (13/04/03(Wed) 13:14) #12471 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /しろのこ (13/04/03(Wed) 21:20) #12472 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /ラルタン (13/04/03(Wed) 21:59) #12473 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /よっちゃん (13/04/03(Wed) 22:12) #12474 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /のーじゃ (13/04/04(Thu) 00:25) #12475 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /フミちゃん (13/04/04(Thu) 02:37) #12476 ネタバレあり!
............Nomal Re[2]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /K (13/04/04(Thu) 12:27) #12477 ネタバレあり!
..................Nomal Re[3]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /イングラム (13/04/04(Thu) 22:34) #12478 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話 /ソーロン (13/04/05(Fri) 01:56) #12479 ネタバレあり!


親記事 / ▼[ 12472 ] ▼[ 12473 ] ▼[ 12474 ] ▼[ 12475 ] ▼[ 12476 ] ▼[ 12479 ]
■12471 / 親階層)  「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ イングラム 1112回-(2013/04/03(Wed) 13:14:16)
    ついに、禅田殺しのトリックが明かされました。


    実は、館の地下は、地上部分と同じ十字形でも、図面上で重ねて、左に30度ほど回転した、
    特殊な構造になっていた。
    そこで、現場は、実は「離れ」だった。
    そこに禅田を呼び出して殺し、本当の南端の部屋へ。
    前後して、全員に手紙でバラバラの時間と場所を指定しておく。
    南端の部屋の外に来るよう呼び出した一と美雪が来たのを扉越しに確認し、
    悲鳴や物音を立て、
    らかじめ引きちぎっておいた禅田の着物の袖を、
    カーテンの隙間から見せて、あたかもそこが現場であるかのように思わせる。
    一達が地下に向かったのを確認したら、本当の南端の部屋の外へ通じる扉から出る。
    そして、出たら、薔薇のアーチをくぐり、館の西の出入り口へ。
    一達が追いつかないように、そのアーチを、
    用意しておいた薔薇の茨を引っ張り出して塞いでおく。
    アーチを塞いだのは、あとで誰かに外から回られて、
    同じ部屋が2つあることに気づかれないようにするため。
    駆けつけた面々は、螺旋階段のせいで方向感覚を狂わされ、
    まさか自分達が見たのが他の部屋だとは思わない。


    ジゼルの3つの失言は、

    1:禅田の死体発見直前の「何かあったんですか?金田一さん、七瀬さん」
    →その場には2人以外にも、白樹もいたし、館を取り仕切る毛利もいた。
    また、騒いでいたのは、どちらかと言えば、一達より、白樹と毛利の方。
    普通なら毛利に聞くか「皆さん何事ですか」と聞くのが自然。
    一と美雪を真っ先に名指しするのはヘン。

    2:一達が祭沢殺しの現場を調べているところを窺っていて見つかり、ごまかしに詠んだ詩
    「温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ、彼を癒しながら、
    青薔薇と枯れた白薔薇をもって、その命を奪われた矛盾を〜」
    →覗きでもしない限り、男湯に浮かんでいた薔薇が女湯と同じだと知るチャンスは、
    女のジゼルにはなかったはず。知っていたとすれば、
    それを風呂に入れるよう毛利に指示した犯人のみ。

    3:一が「高遠」と不用意に呼んだ時の
    「悲しきニオベの娘≠諱Bそなたを射止めし銀の矢を放ちたる者は、
    オリンポスの神にあらず〜」
    →ローマの国立博物館にある「崩れ落ちるニオベの娘の像」から取ったもの。
    それを禅田の死に様になぞらえて詠んだ。
    ニオベの娘の像を選んだのは、矢を受けて死んだからというだけではなく、
    自作自演のトリックのために禅田の着物の片袖を引きちぎらざるをえなかった不自然さを、
    発掘当初片腕が失われた状態だったニオベの娘の像になぞらえ、正当化するため。
    しかし、事件当時、毛利が、皆が入るのを部屋の外で止めていたし、
    入口からは、禅田の体はひっくり返ったテーブルが障害となり、ほとんど見えない。
    直接見たのは、部屋に入った一と高遠のみ。
    そして、高遠は、着物の袖が引きちぎられているといっただけで、
    片袖とも、右袖とも言っていない。
    にも関わらず、右腕が破損していたニオベの娘の像を引き合いに出すのは不自然。
    見ても聞いてもいないのに、どちらの袖が引きちぎられていたか知っているのは、
    右袖を引きちぎった犯人だけ。


    これで、全てのトリックは暴かれましたが、
    今回のトリックは、どれも難しかったですね。
    さっぱりわからなかった。犯人すらも(^-^;;


    しかし、3つの失言のうち、3つめは・・・。

    ニオベの娘云々は、読者には、まずわかんないですね。
    その像のこと自体、知ってる人は少ないと思うし、
    よしんば知っていたとしても、それと禅田の死体を結びつけるというのは、
    よほどのことがなければ、思いつかないと思います。

    また、袖をひきちぎった不自然さを・・・まあ、確かに、不自然といえば不自然ですかね。
    ナイフとかで襲われたのなら、争っている時にちぎれて・・・とか考えられるけど、
    「飛び道具」のボーガンだったら、犯人と争う可能性はほとんど無いですし。


    あとは、ようやく観念したらしいジゼルの動機の告白と、
    高遠の異母妹が誰なのか(多分白樹だろうと思いますが)

    それと、高遠の顔が殺気を帯びてたように見えたので、
    動機の告白内容次第では、高遠がジゼルを殺そうとする可能性も、
    十分にあるんじゃないでしょうか・・・。


    ただ、指摘したのが「失言」だけで、物的証拠が示されなかったのが、残念でした。


    次号、13話は「ジゼルの告白」ですね。
ネタバレあり!
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12471 ] / 返信無し
■12472 / 1階層)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ しろのこ 19回-(2013/04/03(Wed) 21:20:43)
    早いもので、もうあと2話ですか〜
    今回でトリックに関することは全部出尽くした感じですが、
    ちょっとすっきりしない所もありましたね〜


    > 実は、館の地下は、地上部分と同じ十字形でも、図面上で重ねて、左に30度ほど回転した、
    > 特殊な構造になっていた。

    30°ということでしたが、それだと1、2階を繋ぐダムウェイターが
    変な事になってしまうので、私的には90°の方がしっくりきますね。

    > 「温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ、彼を癒しながら、
    > 青薔薇と枯れた白薔薇をもって、その命を奪われた矛盾を〜」
    > →覗きでもしない限り、男湯に浮かんでいた薔薇が女湯と同じだと知るチャンスは、
    > 女のジゼルにはなかったはず。知っていたとすれば、
    > それを風呂に入れるよう毛利に指示した犯人のみ。

    男湯と女湯で同じ薔薇が浮かんでいたのを知っていたから、ということですが・・・。
    男湯の詳しい描写は無かったですけど、私は男湯と女湯は同じ薔薇が浮かんでると
    思っていました。自然にそう思い込んでいました。
    そこにトリックがあったら「やられた〜!」って感じですが、
    男湯と女湯で同じ物が浮かべられていると無意識に思ったとしても特に変ではないような・・・。

    > そして、高遠は、着物の袖が引きちぎられているといっただけで、
    > 片袖とも、右袖とも言っていない。
    > にも関わらず、右腕が破損していたニオベの娘の像を引き合いに出すのは不自然。
    > 見ても聞いてもいないのに、どちらの袖が引きちぎられていたか知っているのは、
    > 右袖を引きちぎった犯人だけ。

    見えないはずの「右袖」を誘導尋問で言わされちゃったのでもう言い逃れは出来ないでしょうけど、
    ニオベの娘を引き合いに出したことには矛盾はなかったと思います。
    「矢で射殺されていると聞いて、神話の中で私が真っ先に思い浮かんだのがニオベの娘だったんです。」
    と言えばいいだけです。
    犯人が失言をする前に、これを矛盾として挙げていたのはちょっと苦しいかなぁ(^_^;



    登場キャラクターは個性的で面白いので、
    次回語られるであろう動機や過去の真相が楽しみです。
    殺された人達もそこまで極悪人には見えないんですが、どうでしょう・・・。


ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12471 ] / 返信無し
■12473 / 1階層)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ ラルタン 2991回-(2013/04/03(Wed) 21:59:23)
http://klmn.skr.jp/
    『薔薇十字館殺人事件』第12話です。

    No12471に返信(イングラムさんの記事)
    > ついに、禅田殺しのトリックが明かされました。
    >
    >
    > 実は、館の地下は、地上部分と同じ十字形でも、図面上で重ねて、左に30度ほど回転した、
    > 特殊な構造になっていた。
    > そこで、現場は、実は「離れ」だった。

    第7話時点で、しろのこさん( No12384 )が概ね指摘されていた通りでしたね。
    おめでとうございます。
    当初は隠し通路や隠し部屋が存在すると思っていたので90度に拘っていましたが、
    それらが無ければ、もう少し緩いねじれでOKなんですね。
    と言うことで、30度と看破されたよっちゃんさん( No12449 )もお見事でした。

    離れの存在や、南端の部屋の扉が開くことに対して「おそらくね」と返事していたり、
    推理に確証がない、と言うか、もう少しヒントがあっても良かったかな、とも思います。
    (それはそれで簡単になってもアレなので、さじ加減が難しいですが…)

    ダムウェーターとの干渉も気になりますね。どういう構造、位置だったのか。
    逆にこのダムウェーターが、このトリックのヒントになってても面白かったのかな。

    > ジゼルの3つの失言は、
    >
    > 1:禅田の死体発見直前の「何かあったんですか?金田一さん、七瀬さん」
    > →その場には2人以外にも、白樹もいたし、館を取り仕切る毛利もいた。
    > また、騒いでいたのは、どちらかと言えば、一達より、白樹と毛利の方。
    > 普通なら毛利に聞くか「皆さん何事ですか」と聞くのが自然。
    > 一と美雪を真っ先に名指しするのはヘン。

    これは、のーじゃさん( No12405 )の指摘が的中ですね。

    > 2:一達が祭沢殺しの現場を調べているところを窺っていて見つかり、ごまかしに詠んだ詩
    > 「温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ、彼を癒しながら、
    > 青薔薇と枯れた白薔薇をもって、その命を奪われた矛盾を〜」
    > →覗きでもしない限り、男湯に浮かんでいた薔薇が女湯と同じだと知るチャンスは、
    > 女のジゼルにはなかったはず。知っていたとすれば、
    > それを風呂に入れるよう毛利に指示した犯人のみ。

    読者の視点から、男湯も女湯も同じ薔薇だと知っていたからこそ、
    矛盾があるなら「この詩だろうな」と思いつつ、全然気付かなかった…盲点でした。

    > しかし、3つの失言のうち、3つめは・・・。
    >
    > ニオベの娘云々は、読者には、まずわかんないですね。
    > その像のこと自体、知ってる人は少ないと思うし、
    > よしんば知っていたとしても、それと禅田の死体を結びつけるというのは、
    > よほどのことがなければ、思いつかないと思います。

    同じく、全然思い至りませんでした…。
    だからこそ、「高遠だから気付いた」とワンクッション置かれていたんでしょうね。
    そして、しろのこさんの指摘されている通り、
    この発言自体よりも、誘導尋問の方が致命的になったと思いますね。
    引いては物的証拠なく観念せざるを得ない状況に陥ってしまった。

    > あとは、ようやく観念したらしいジゼルの動機の告白と、
    > 高遠の異母妹が誰なのか(多分白樹だろうと思いますが)
    >
    > それと、高遠の顔が殺気を帯びてたように見えたので、
    > 動機の告白内容次第では、高遠がジゼルを殺そうとする可能性も、
    > 十分にあるんじゃないでしょうか・・・。

    いよいよ終わりが近付いてきましたね…。
    動機は、「薔薇の名前の人がターゲット」というのが
    具体的にどういう状況から生まれたのかが、やはり気になるところです(^-^;;
    異母妹をはじめ、高遠絡みの展開も見逃せません。
ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12471 ] / 返信無し
■12474 / 1階層)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ よっちゃん 24回-(2013/04/03(Wed) 22:12:10)
    こんばんは。

    後2話で終了ですが、ジゼルがしぶとすぎて伏線とか回収できるのかと
    少し心配になってまいりました。

    No12471に返信(イングラムさんの記事)
    > ついに、禅田殺しのトリックが明かされました。
    >
    >
    > 実は、館の地下は、地上部分と同じ十字形でも、図面上で重ねて、左に30度ほど回転した、
    > 特殊な構造になっていた。
    > そこで、現場は、実は「離れ」だった。
    螺旋階段によって方向感覚が狂うというものでしたね。
    30度であれば気づかないものなのかな?


    >
    >
    > ジゼルの3つの失言は、
    >
    > 1:禅田の死体発見直前の「何かあったんですか?金田一さん、七瀬さん」
    > →その場には2人以外にも、白樹もいたし、館を取り仕切る毛利もいた。
    > また、騒いでいたのは、どちらかと言えば、一達より、白樹と毛利の方。
    > 普通なら毛利に聞くか「皆さん何事ですか」と聞くのが自然。
    > 一と美雪を真っ先に名指しするのはヘン。
    これは先に指摘されていた方がいましたね。
    これに気づくとはお見事だと思います。

    > 2:一達が祭沢殺しの現場を調べているところを窺っていて見つかり、ごまかしに詠んだ詩
    > 「温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ、彼を癒しながら、
    > 青薔薇と枯れた白薔薇をもって、その命を奪われた矛盾を〜」
    > →覗きでもしない限り、男湯に浮かんでいた薔薇が女湯と同じだと知るチャンスは、
    > 女のジゼルにはなかったはず。知っていたとすれば、
    > それを風呂に入れるよう毛利に指示した犯人のみ。
    祭沢が風呂にはいったかどうかではなくて、同じ薔薇だと知っていたことが失言でしたか。 これは意外に盲点だったかもしれません。

    > 3:一が「高遠」と不用意に呼んだ時の
    > 「悲しきニオベの娘≠諱Bそなたを射止めし銀の矢を放ちたる者は、
    > オリンポスの神にあらず〜」
    > →ローマの国立博物館にある「崩れ落ちるニオベの娘の像」から取ったもの。
    > それを禅田の死に様になぞらえて詠んだ。
    > ニオベの娘の像を選んだのは、矢を受けて死んだからというだけではなく、
    > 自作自演のトリックのために禅田の着物の片袖を引きちぎらざるをえなかった不自然さを、
    > 発掘当初片腕が失われた状態だったニオベの娘の像になぞらえ、正当化するため。
    > しかし、事件当時、毛利が、皆が入るのを部屋の外で止めていたし、
    > 入口からは、禅田の体はひっくり返ったテーブルが障害となり、ほとんど見えない。
    > 直接見たのは、部屋に入った一と高遠のみ。
    > そして、高遠は、着物の袖が引きちぎられているといっただけで、
    > 片袖とも、右袖とも言っていない。
    > にも関わらず、右腕が破損していたニオベの娘の像を引き合いに出すのは不自然。
    > 見ても聞いてもいないのに、どちらの袖が引きちぎられていたか知っているのは、
    > 右袖を引きちぎった犯人だけ。
    高遠ぐらいしかわからないですね。
    自分でテーブルを使って見えないようにしたのに、それで墓穴を掘るとは・・・。
    やはり落ち度の多い犯人のようです。

    >
    > これで、全てのトリックは暴かれましたが、
    > 今回のトリックは、どれも難しかったですね。
    > さっぱりわからなかった。犯人すらも(^-^;;
    >
    >
    > しかし、3つの失言のうち、3つめは・・・。
    >
    > ニオベの娘云々は、読者には、まずわかんないですね。
    > その像のこと自体、知ってる人は少ないと思うし、
    > よしんば知っていたとしても、それと禅田の死体を結びつけるというのは、
    > よほどのことがなければ、思いつかないと思います。
    銀の矢発言かとおもいきや、更にその先を行く答えでした、
    これはさすがに難しいですね。


    > あとは、ようやく観念したらしいジゼルの動機の告白と、
    > 高遠の異母妹が誰なのか(多分白樹だろうと思いますが)
    >
    > それと、高遠の顔が殺気を帯びてたように見えたので、
    > 動機の告白内容次第では、高遠がジゼルを殺そうとする可能性も、
    > 十分にあるんじゃないでしょうか・・・。
    >
    >
    > ただ、指摘したのが「失言」だけで、物的証拠が示されなかったのが、残念でした。
    警察もいないので中々難しいでしょうけど・・・。

ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12471 ] / 返信無し
■12475 / 1階層)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ のーじゃ 2回-(2013/04/04(Thu) 00:25:38)
    こんばんわです。あと2話で20周年シリーズが終わってしまうと思うと少し寂しいです。

    No12471に返信(イングラムさんの記事)
    > ついに、禅田殺しのトリックが明かされました。
    >
    >
    > 実は、館の地下は、地上部分と同じ十字形でも、図面上で重ねて、左に30度ほど回転した、
    > 特殊な構造になっていた。
    > そこで、現場は、実は「離れ」だった。
    > そこに禅田を呼び出して殺し、本当の南端の部屋へ。
    > 前後して、全員に手紙でバラバラの時間と場所を指定しておく。
    > 南端の部屋の外に来るよう呼び出した一と美雪が来たのを扉越しに確認し、
    > 悲鳴や物音を立て、
    > らかじめ引きちぎっておいた禅田の着物の袖を、
    > カーテンの隙間から見せて、あたかもそこが現場であるかのように思わせる。
    > 一達が地下に向かったのを確認したら、本当の南端の部屋の外へ通じる扉から出る。
    > そして、出たら、薔薇のアーチをくぐり、館の西の出入り口へ。
    > 一達が追いつかないように、そのアーチを、
    > 用意しておいた薔薇の茨を引っ張り出して塞いでおく。
    > アーチを塞いだのは、あとで誰かに外から回られて、
    > 同じ部屋が2つあることに気づかれないようにするため。
    > 駆けつけた面々は、螺旋階段のせいで方向感覚を狂わされ、
    > まさか自分達が見たのが他の部屋だとは思わない。
    >
    皇事件のダムウェイターの件の改良版といったところでしょうか?最初に種明かしされたトリックを応用した感じで見せ方が上手いと思いました。


    >
    > ジゼルの3つの失言は、
    >
    > 1:禅田の死体発見直前の「何かあったんですか?金田一さん、七瀬さん」
    > →その場には2人以外にも、白樹もいたし、館を取り仕切る毛利もいた。
    > また、騒いでいたのは、どちらかと言えば、一達より、白樹と毛利の方。
    > 普通なら毛利に聞くか「皆さん何事ですか」と聞くのが自然。
    > 一と美雪を真っ先に名指しするのはヘン。

    コレは久々に自力で分かったので嬉しかったです。

    >
    > 2:一達が祭沢殺しの現場を調べているところを窺っていて見つかり、ごまかしに詠んだ詩
    > 「温もりの泉に斑模様の薔薇を浮かべ、彼を癒しながら、
    > 青薔薇と枯れた白薔薇をもって、その命を奪われた矛盾を〜」
    > →覗きでもしない限り、男湯に浮かんでいた薔薇が女湯と同じだと知るチャンスは、
    > 女のジゼルにはなかったはず。知っていたとすれば、
    > それを風呂に入れるよう毛利に指示した犯人のみ。

    言われるとこれも失言ですね。ただ自分も男湯に薔薇があれば、女湯の方も同じものがあると考えるかもしれませんね。
    >
    > 3:一が「高遠」と不用意に呼んだ時の
    > 「悲しきニオベの娘≠諱Bそなたを射止めし銀の矢を放ちたる者は、
    > オリンポスの神にあらず〜」
    > →ローマの国立博物館にある「崩れ落ちるニオベの娘の像」から取ったもの。
    > それを禅田の死に様になぞらえて詠んだ。

    > しかし、3つの失言のうち、3つめは・・・。
    >
    > ニオベの娘云々は、読者には、まずわかんないですね。
    > その像のこと自体、知ってる人は少ないと思うし、
    > よしんば知っていたとしても、それと禅田の死体を結びつけるというのは、
    > よほどのことがなければ、思いつかないと思います。
    >
    > また、袖をひきちぎった不自然さを・・・まあ、確かに、不自然といえば不自然ですかね。
    > ナイフとかで襲われたのなら、争っている時にちぎれて・・・とか考えられるけど、
    > 「飛び道具」のボーガンだったら、犯人と争う可能性はほとんど無いですし。

    この失言は難しいですよね、金田一が高遠に言われた時理解できなかったことから知識が必要かもとは思いましたが、思っていたよりかなり専門的な知識が必要で、像の話が出てからもジゼルの右袖のセリフが太文字になるまで高遠の意図が全く分かりませんでした。

    >
    >
    > あとは、ようやく観念したらしいジゼルの動機の告白と、
    > 高遠の異母妹が誰なのか(多分白樹だろうと思いますが)
    >
    > それと、高遠の顔が殺気を帯びてたように見えたので、
    > 動機の告白内容次第では、高遠がジゼルを殺そうとする可能性も、
    > 十分にあるんじゃないでしょうか・・・。
    >
    >
    > ただ、指摘したのが「失言」だけで、物的証拠が示されなかったのが、残念でした。
    >
    ですね、右袖の追求時にボロを出さなければ言い逃れた様な気がします。

    >
    > 次号、13話は「ジゼルの告白」ですね。

    動機の真相・・・気になるところです。八重姫のだから言ったじゃないのセリフから放火ではなく失火かなと思いますが・・・千人以上集まったホテルで火災があれば犠牲者が1人ではなさそうですが、美咲蓮花という名を全員が意識してるあたり特別な人物だったのでしょうか、もしくは火事の原因となったとはいえ犠牲者1人1人について向き合っていたのでしょうか。だとすれば、大惨事の原因となったにも関わらず他人事の様に考えていた墓場島のメンバーよりかは救いがあるのかもしれない・・・などと考えながら来週を楽しみにしたいです。
ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12471 ] / ▼[ 12477 ]
■12476 / 1階層)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ フミちゃん 62回-(2013/04/04(Thu) 02:37:03)
    ここまできましたがジゼルは自白せず…第12話です。
    これくらいネバった真犯人の珍しいかもしれません。金田一少年の殺人の都築が第13話で自白したくらい?
    禅田殺害での悲鳴は本人のものではなくジゼルだったようですが、一と美雪が聞いたとき白樹だと思ったのは一体。皇のバラバラ死体が出てきたときに白樹が悲鳴あげたのを録音したとかも思いましたが違ったようで。
    アーチの薔薇、やっぱり毒は塗ってなかったぽいですね。館を取り囲む薔薇にもないでしょう。
    ニオベの娘のくだりですが、神話からではなく像が出てきましたね。この像のことは知らなかったのですがそんなに知られたものなんでしょうか。像がここで出てきたのに加え知名度あまりなかったら、これはアンフェアかもしれません。

    この事件で掲示板に自分が書き込むのは8話以来なんですが、館のからくりについては最初からお手上げで他についても既に誰かが書かれていたりしたので書き込みませんでした。
ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12476 ] / ▼[ 12478 ]
■12477 / 2階層)  Re[2]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ K 1回-(2013/04/04(Thu) 12:27:33)
    いよいよ、事件も大詰めですね。
    「館が傾いている」というトリックには、早くから気づいてました。
    正確に言うと螺旋階段があった時点で、このトリックが使われるだろうなあと。
    今さら言っても信じてもらえませんが。

    犯人は当たりましたが、失言は難しかったです。
    自分で気づいたのは「銀の矢」だけでした。

    あと気になっているのは、バラ風呂。
    バラの棘で人が死んだのに、バラ風呂入りますかね?
    自分だったら、恐ろしくて入らないです。
    これを指摘した人は、まだいませんよね?
ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12477 ] / 返信無し
■12478 / 3階層)  Re[3]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ イングラム 1113回-(2013/04/04(Thu) 22:34:35)
    2013/04/04(Thu) 22:34:45 編集(投稿者)

    No12477に返信(Kさんの記事)
    > いよいよ、事件も大詰めですね。
    > 「館が傾いている」というトリックには、早くから気づいてました。
    > 正確に言うと螺旋階段があった時点で、このトリックが使われるだろうなあと。
    > 今さら言っても信じてもらえませんが。
    >
    > 犯人は当たりましたが、失言は難しかったです。
    > 自分で気づいたのは「銀の矢」だけでした。
    >
    > あと気になっているのは、バラ風呂。
    > バラの棘で人が死んだのに、バラ風呂入りますかね?
    > 自分だったら、恐ろしくて入らないです。
    > これを指摘した人は、まだいませんよね?
    どこかに薔薇を生けた花瓶とかが置いてあったのならともかく、
    まさか風呂の湯船に浮かべられているような薔薇がトゲ(というか茎)付きとは、
    誰も思わなかったのではないでしょうか?

    薔薇の花を見て、直前の事件を連想する可能性はありますし、
    祭沢などのように身に覚えが無くても、なんとなく入る気がしない人はいるかもしれません。

    しかし、湯船に浮かんでる薔薇がトゲ付きなことは普通は無いから、
    まさか大丈夫だろうと思って、入ってしまう場合の方が多いのではないかと思います。

    湯の色次第では、上からでも茎付きかどうか見えるかもしれないし、
    花びらの部分を持って持ち上げられたら、すぐバレますし。

    万が一、仕掛けられていたとしても、助かる確率は、かなり高いと思います。
ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 12471 ] / 返信無し
■12479 / 1階層)  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第12話
□投稿者/ ソーロン 6回-(2013/04/05(Fri) 01:56:12)
    薔薇十字館の全体図が実際に明かされると、密室トリックの全貌が分かりやすくていいですね。

    「金田一さん七瀬さん」は確かに一番変でしたね。美雪は助手と紹介はされていたけど、本件では場を仕切るのはほとんど高遠だったので「金田一と美雪がセット」という印象はちょっと無理があるかな、と思います。

    あと、ジゼルと冬野は「階段の前を通りかかった時」に騒ぎに気づいたのであって「応接間の前で」騒ぎに気付いた訳でないという点で佐久羅が騒ぎに気付かなかったことがそんなにおかしいわけでなかった、というのも納得です。

    よく読み返せば、たとえ具体的な部屋割りが分からなかったとしても、「どの部屋からでも応接間に行くなら階段前を通らなくてはならないこと」は十分見取り図から読み取れること、また、冬野さんが「下で騒いでるのが聞こえた」と言っていることから、下の階の声まで聞こえたというなら逆に応接間から聞いたというのは物理的に無理があることが判断できますね。
    薔薇十字館は思ったより大きかったですし、佐久羅さんの件は獄門塾の前例も踏まえた意図的なミスリードだったのだと思います。

    ・・・ただ、二つ意地の悪いことを言ってしまうと、恐らく対比のつもりで書かれたであろう白樹先生の「金田一さん七瀬さん」がジゼルに聞こえていたなら、「事情を知っているのは金田一と美雪」だという発想が浮かんだというダイレクトな根拠になってしまうのでは、と思いました。
    (時間的にそんなに前でもないはずだし、先生がいたのは地下より声が通りやすい一階だった分、可能性が否定できないんですよ・・・)

    あと、「覗きでもしない限り男湯と女湯の薔薇が同じなんて分かり得ない」という言い方、台詞だけで解釈すると金田一が女湯のノゾキをやったみたいに聞こえますよ・・・?もう少し言い回しに気を付けた方がいいと思いました。

    まぁそれは置いとくとして、(知識の普遍性はともかく)二つの見立ても物語の構成としては面白いと思いました。
    ゴルゴダの方はトリックの為に見立てがあからさまに不完全になり、ニオベの娘の方は逆にトリックを正当化するために、見立てにしては本来ジゼルが知り得ない情報まで一致してしまう完璧すぎるたとえになってしまったという対比が皮肉でしたね。

    解答編も残り2話ならそんなに時間はないのかな・・・?
    おそらく今までの言動はすべて演技だったであろうジゼルが本当はどんな子なのかが気になるところです。

    最低限の伏線を回収しようとするならジゼルー=美咲蓮花=白樹先生の助けようとした”あの子”=高遠の異母妹、あたりが妥当かな、と思っています。

    ・ジゼル自身が異母妹なら、個人的に高遠を陥れようとする教唆犯の存在を考える必要がないこと
    ・二つの十字の痣を一つの出来事で同時に伏線回収できること
    ・今のジゼルはターゲットに警戒されないために顔を変えているけど、当時のジゼルは高遠に似ていたと仮定するなら、白樹先生が高遠の顔を見て十字の痣を見つめ返したことに説明がつくこと
    ・禅田殺しのトリックの配置をよく見ると、白樹先生は「万一離れの存在と南の部屋の扉が開くことがバレても、真っ先に容疑者から外される位置」にいること

    (→外は前に金田一と美雪がいるし、内側には佐久羅さん、下にはたとえ高遠が信用無くても、毛利さんがいます。
    薔薇の名前で呼び出したはいいけど、実際に顔を見て恩人だと思い出し、白樹先生だけは守ろうとしたなら、救いのある話としてのオチもつきそうです。)

    前回”実はやっぱり佐久羅犯人説”を唱えて玉砕したので、考え過ぎずに次回を待ちます。
ネタバレあり!
[ 親 12471 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -
with BBSantispam
Edit by Alsia Lab.