HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

No12386 の記事


■12386 / )  Re[1]: 「薔薇十字館殺人事件」第7話
□投稿者/ フミちゃん 60回-(2013/02/21(Thu) 01:15:22)
    南端の部屋にいたのは白樹……ではなく禅田でした。第7話です。
    前回のラストで襲われているのは白樹ではないか?と言ったのは本当になんだったのか。実は白樹が真犯人でまだ生きていると誤魔化すために自分で悲鳴をあげたとか?いやないか。
    窓から着物の一部が見えたので中にいるのは禅田だと思った一ですが、遺体の着物は右腕のところが切り取られていますね。まあそれを使ってそこにいるのが禅田だと思わせたんでしょう。
    そしてついに高遠の正体がバレてしまいました。南端の部屋の前に行ったとき、一は「高遠」と口走ってしまいジゼルも反応しています。このシーンなのですが、ローゼンクロイツは高遠のことは知っているのでもしジゼルがローゼンクロイツならああいう反応はしないと思います。反応したのは別の理由があるかもしれませんが。
    佐久羅は高遠を閉じ込めようと言い出し、後ろ手に縛りましたが、ナイフを持ち出しましたね。今までのことからして何かあったときのために護身用として持っていた、ということなら説明がつきますがそれ以前になぜ持っていたのか。見たところ調理に使うようなものではなさそうなので館のキッチンから拝借というわけではないでしょう。そもそも高遠の拘束を言い出すということが気になります。次の殺人でまた高遠が犯人と疑われる状況にしたいとか。佐久羅こそ被害者になりそうな気もしますけど。拘束というのがローゼンクロイツの思惑どうりなのかはたして。
    拘束というと、それを言い出した際に白樹は手を口にあててショックを受けているような動きをしていますね。白樹が高遠の異母妹なら地獄の傀儡師であることを知ったせいか。
    次回から一時的に一緒に推理できるのが1人減るのかな?一と美雪は高遠の正体を知っていたということで他の人たちから協力が得辛くなるかも。
ネタバレあり!
返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新規作成 新着記事 ツリー表示 トピック表示 発言ランク 検索 過去ログ

- Child Tree -
with BBSantispam
Edit by Alsia Lab.