金田一少年の<獄門塾殺人事件>掲示板

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 検索

ツリー一括表示

Nomal 遂に『獄門塾』解決!! /テンサン (06/08/09(Wed) 14:08) #471 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!! /JUN (06/08/09(Wed) 15:50) #472 ネタバレあり!
............Nomal Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!! /明智少年 (06/08/09(Wed) 17:27) #473
..................Nomal Re[3]: 遂に『獄門塾』解決!! /イングラム (06/08/09(Wed) 17:55) #474
......Nomal Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!! /のり (06/08/09(Wed) 18:09) #475 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!! /洛陽 (06/08/09(Wed) 18:44) #476 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!! /くるみ (06/08/09(Wed) 18:54) #477
............Nomal Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!! /たつき (06/08/09(Wed) 22:37) #478 ネタバレあり!
......Nomal Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!! /ラルタン (06/08/09(Wed) 23:03) #480 ネタバレあり!
............Nomal Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!! /ゆう (06/08/10(Thu) 01:31) #481
..................Nomal Re[3]: 遂に『獄門塾』解決!! /まちゃき (06/08/11(Fri) 14:13) #482
..................Nomal Re[3]: 遂に『獄門塾』解決!! /イングラム (06/08/11(Fri) 17:58) #483 ネタバレあり!
........................Nomal 今さらですが・・・ /くるみ (06/08/18(Fri) 20:33) #486
......Nomal Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!! /マタロー (06/08/18(Fri) 21:16) #487 ネタバレあり!
............Nomal Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!! /ラクセフィア (06/08/19(Sat) 02:20) #489 ネタバレあり!


親記事 / ▼[ 472 ] ▼[ 475 ] ▼[ 476 ] ▼[ 477 ] ▼[ 480 ] ▼[ 487 ]
■471 / 親階層)  遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ テンサン Aクラス(60回)-(2006/08/09(Wed) 14:08:03)
    今回も長い話でしたね。
    結局、氏家は死んでしまいました。
    みすみす氏家を殺されてしまった明智警視の落胆ぶりは今まで見たことがないほどで、今後どうなっていくのか気になります。
    高遠に単身立ち向かってゆく一もいつにも増して格好良かったと思います。

    自分は物語が完結するまでは、下手に批評するべきではないと考えているので、完結まではなるべく全体的な評価は避けてきましたが・・・

    解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    あと、あの明智警視が最後の高遠の脱出計画にまんまとはめられてしまう部分も、ちょっと腑におちない印象を受けました。
    今回の本格と叙述の二重ミステリーという実験的な試みは、個人的に良かったし、トリックも結構詰め込まれていて面白かったのですが、もう1話、2話ぐらいあってもよかったような気もします。

    賛否両論の高遠の描き方に関してですが、今回、あれはあれで良かった気がします。
    関係ないですが、松岡圭祐氏の小説『千里眼』シリーズでも、物語に連続性があるにも関わらず、主人公の岬美由紀の性格が1作ごとに違うことで、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。
    今回の『金田一』における高遠の残虐性もそれと同じことと僕は考えています。

    長文失礼しました。
ネタバレあり!
[ □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 471 ] / ▼[ 473 ]
■472 / 1階層)  Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ JUN Dクラス(1回)-(2006/08/09(Wed) 15:50:36)
    No471に返信(テンサンさんの記事)
    > 解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。

    天樹先生のブログにあった通り、終わり方も少々唐突な気がしました。この終わりの部分については、単行本で補完されるようです。その単行本は、上下巻で11月に発売とのこと。さらに、「次の事件は冬に起きる!?」そうなので、こちらも楽しみです。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 472 ] / ▼[ 474 ]
■473 / 2階層)  Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ 明智少年 Cクラス(39回)-(2006/08/09(Wed) 17:27:25)
    No472に返信(JUNさんの記事)
    > ■No471に返信(テンサンさんの記事)
    >>解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    >
    > 天樹先生のブログにあった通り、終わり方も少々唐突な気がしました。この終わりの部分については、単行本で補完されるようです。その単行本は、上下巻で11月に発売とのこと。さらに、「次の事件は冬に起きる!?」そうなので、こちらも楽しみです。
    次は冬なので楽しみです

[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 473 ] / 返信無し
■474 / 3階層)  Re[3]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ イングラム 団の後継者(410回)-(2006/08/09(Wed) 17:55:27)
    No473に返信(明智少年さんの記事)
    > ■No472に返信(JUNさんの記事)
    >>■No471に返信(テンサンさんの記事)
    > >>解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    > >
    >>天樹先生のブログにあった通り、終わり方も少々唐突な気がしました。この終わりの部分については、単行本で補完されるようです。その単行本は、上下巻で11月に発売とのこと。さらに、「次の事件は冬に起きる!?」そうなので、こちらも楽しみです。
    > 次は冬なので楽しみです

    私は上下巻より、以前のように1冊で最後まで読める程度の長さの話の方が好きだったり(^-^;;
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 471 ] / 返信無し
■475 / 1階層)  Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ のり DDC入り(100回)-(2006/08/09(Wed) 18:09:02)
    No471に返信(テンサンさんの記事)
    > 今回も長い話でしたね。
    > 結局、氏家は死んでしまいました。
    > みすみす氏家を殺されてしまった明智警視の落胆ぶりは今まで見たことがないほどで、今後どうなっていくのか気になります。
    > 高遠に単身立ち向かってゆく一もいつにも増して格好良かったと思います。
    >
    > 自分は物語が完結するまでは、下手に批評するべきではないと考えているので、完結まではなるべく全体的な評価は避けてきましたが・・・
    >
    > 解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    > あと、あの明智警視が最後の高遠の脱出計画にまんまとはめられてしまう部分も、ちょっと腑におちない印象を受けました。
    > 今回の本格と叙述の二重ミステリーという実験的な試みは、個人的に良かったし、トリックも結構詰め込まれていて面白かったのですが、もう1話、2話ぐらいあってもよかったような気もします。
    >
    > 賛否両論の高遠の描き方に関してですが、今回、あれはあれで良かった気がします。
    > 関係ないですが、松岡圭祐氏の小説『千里眼』シリーズでも、物語に連続性があるにも関わらず、主人公の岬美由紀の性格が1作ごとに違うことで、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。
    > 今回の『金田一』における高遠の残虐性もそれと同じことと僕は考えています。
    >
    > 長文失礼しました。

     氏家が死んでしまったのは残念でした。犯人が死んでしまったのは『速水玲香誘拐殺人事件』以来でしょうか。
     犯人が死んでしまったのは速水玲香はじめ君のキレ方も半端じゃなかったです。はじめ君が高遠に殴りかかったというのも今までに無かったですよね。
     「偶然じゃない。必然だ」っていう、はじめ君の台詞も格好よかったですし。
     確かに急いで終わらせたような展開でしたが、コミックスが発売になったら補完されるでしょうし、私的には満足でした。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 471 ] / 返信無し
■476 / 1階層)  Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ 洛陽 Aクラス(69回)-(2006/08/09(Wed) 18:44:23)
    No471に返信(テンサンさんの記事)
    > 今回も長い話でしたね。
    > 結局、氏家は死んでしまいました。
    > みすみす氏家を殺されてしまった明智警視の落胆ぶりは今まで見たことがないほどで、今後どうなっていくのか気になります。
    > 高遠に単身立ち向かってゆく一もいつにも増して格好良かったと思います。
    >
    > 自分は物語が完結するまでは、下手に批評するべきではないと考えているので、完結まではなるべく全体的な評価は避けてきましたが・・・
    >
    > 解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    > あと、あの明智警視が最後の高遠の脱出計画にまんまとはめられてしまう部分も、ちょっと腑におちない印象を受けました。
    > 今回の本格と叙述の二重ミステリーという実験的な試みは、個人的に良かったし、トリックも結構詰め込まれていて面白かったのですが、もう1話、2話ぐらいあってもよかったような気もします。
    >
    本格と倒叙ですね。新鮮で楽しめたと思います。
    犯人二人の繋がりを描き込めていれば、成功と言うことができたでしょうか。

    > 賛否両論の高遠の描き方に関してですが、今回、あれはあれで良かった気がします。
    > 関係ないですが、松岡圭祐氏の小説『千里眼』シリーズでも、物語に連続性があるにも関わらず、主人公の岬美由紀の性格が1作ごとに違うことで、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。
    > 今回の『金田一』における高遠の残虐性もそれと同じことと僕は考えています。
    >
    > 長文失礼しました。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 471 ] / ▼[ 478 ]
■477 / 1階層)  Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ くるみ 団の後継者(147回)-(2006/08/09(Wed) 18:54:26)
    2006/08/09(Wed) 18:54:42 編集(投稿者)

    No471に返信(テンサンさんの記事)
    > 今回も長い話でしたね。
    > 結局、氏家は死んでしまいました。
    > みすみす氏家を殺されてしまった明智警視の落胆ぶりは今まで見たことがないほどで、今後どうなっていくのか気になります。
    > 高遠に単身立ち向かってゆく一もいつにも増して格好良かったと思います。
    >
    > 自分は物語が完結するまでは、下手に批評するべきではないと考えているので、完結まではなるべく全体的な評価は避けてきましたが・・・
    >
    > 解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    > あと、あの明智警視が最後の高遠の脱出計画にまんまとはめられてしまう部分も、ちょっと腑におちない印象を受けました。
    > 今回の本格と叙述の二重ミステリーという実験的な試みは、個人的に良かったし、トリックも結構詰め込まれていて面白かったのですが、もう1話、2話ぐらいあってもよかったような気もします。
    >
    > 賛否両論の高遠の描き方に関してですが、今回、あれはあれで良かった気がします。
    > 関係ないですが、松岡圭祐氏の小説『千里眼』シリーズでも、物語に連続性があるにも関わらず、主人公の岬美由紀の性格が1作ごとに違うことで、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。
    > 今回の『金田一』における高遠の残虐性もそれと同じことと僕は考えています。
    >
    > 長文失礼しました。

    高遠のキャラが完全に変わった気が・・・。
    それがいいか悪いかはわかりませんが、あの言い訳は今までになかったものでしたね。
    今回は明智さんの悔しそうな顔がよかったですね。
    たしかに、犯罪を阻止しようと塾に入り込んだのに結局6人も殺されてしまった、予想はできていたのに氏家が高遠に殺されてしまった。これらのことを考えると、今回は、ハジメや明智の勝ちとは言えなくなりますね。
    次は挽回してほしいです。
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 477 ] / 返信無し
■478 / 2階層)  Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ たつき Dクラス(11回)-(2006/08/09(Wed) 22:37:58)
    No477に返信(くるみさんの記事)
    > 2006/08/09(Wed) 18:54:42 編集(投稿者)
    >
    > ■No471に返信(テンサンさんの記事)
    >>今回も長い話でしたね。
    >>結局、氏家は死んでしまいました。
    >>みすみす氏家を殺されてしまった明智警視の落胆ぶりは今まで見たことがないほどで、今後どうなっていくのか気になります。
    >>高遠に単身立ち向かってゆく一もいつにも増して格好良かったと思います。
    >>
    >>自分は物語が完結するまでは、下手に批評するべきではないと考えているので、完結まではなるべく全体的な評価は避けてきましたが・・・
    >>
    >>解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    >>あと、あの明智警視が最後の高遠の脱出計画にまんまとはめられてしまう部分も、ちょっと腑におちない印象を受けました。
    >>今回の本格と叙述の二重ミステリーという実験的な試みは、個人的に良かったし、トリックも結構詰め込まれていて面白かったのですが、もう1話、2話ぐらいあってもよかったような気もします。
    >>
    >>賛否両論の高遠の描き方に関してですが、今回、あれはあれで良かった気がします。
    >>関係ないですが、松岡圭祐氏の小説『千里眼』シリーズでも、物語に連続性があるにも関わらず、主人公の岬美由紀の性格が1作ごとに違うことで、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。
    >>今回の『金田一』における高遠の残虐性もそれと同じことと僕は考えています。
    >>
    >>長文失礼しました。
    >
    > 高遠のキャラが完全に変わった気が・・・。
    > それがいいか悪いかはわかりませんが、あの言い訳は今までになかったものでしたね。
    > 今回は明智さんの悔しそうな顔がよかったですね。
    > たしかに、犯罪を阻止しようと塾に入り込んだのに結局6人も殺されてしまった、予想はできていたのに氏家が高遠に殺されてしまった。これらのことを考えると、今回は、ハジメや明智の勝ちとは言えなくなりますね。
    > 次は挽回してほしいです。


    明智さんの落胆は凄まじいものがありますね。
    助けたかった人をみすみす死なせてしまったわけですから。
    今後の明智さんの動向気になります・・。

    金田一はかっこよかったですね。
    さすがと言った感じでした。

    高遠さんの性格が一変した様な気がします。
    ここで、自分の意見を長々と言うのは差し控えたいと思いますが、今後彼がこういう方向で行くのには何だか一抹の不安があります。
    私が言っても詮無いことなのですが・・。

    散文、失礼致しました。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 471 ] / ▼[ 481 ]
■480 / 1階層)  Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ ラルタン 団の後継者(1788回)-(2006/08/09(Wed) 23:03:34)
http://klmn.cside21.com/
    やはり、展開が展開だけにスッキリとはいかない結末でしたね…。
    明智警視らしからぬ失態にも、氏家の死にも虚しさが残り、
    それが返って、「高遠をもう一度、悪役として描く」という点では良かったのかな。
    同じく、明智警視までも罠に引っ掛かってしまったのは疑問でしたが、
    その「醜態」が、改めて高遠に対する敵対心を意識させ、またいつかの再戦が気になる所です。

    天樹先生のブログでも言及されていた通り、
    ページが足りなかったのか、全体的に物足りない雰囲気になっていたのは否めないと思います…。
    例えば、先週触れた氏家の言葉や最期はもう少し入念に描いて欲しかった。

    ただ、最期に金田一が濱にかけた言葉自体は良かったと思います。
    決して特別な言葉ではなかったし、あえて言えば普通の言葉だったけど、
    その一言に救われるほど、あの時の濱は孤独で味方がいなかったのかと思うと…。
    もしも、あの時、声をかけたのが高遠でさえなかったら…。
    しかし、高遠がいなければ自殺してしまっていたかもしれない…。
    やりきれない所です。

    と言うわけで、全15話という長丁場を終えた『獄門塾殺人事件』。
    皆さんがおっしゃる通り、
    二元中継による、本格と倒叙の構成やそれを利用した大胆なトリック等々、
    見所が多く、面白い試みだったと思います。
    しかし、そういった試み故の苦心の跡に対して、色々と小言もありました(^-^;;

    特に終盤の高遠に対しては、少し戸惑いもありましたし、
    改めて「第1期」との差異を考えさせられる一編だったようにも思います。
    もちろん、その善し悪しを一編だけでは判断できませんし、
    先ずは次回作…冬の連載を楽しみに待ちたい所です。

    p.s. で、式部のケータイや厳島の薬について説明なしだったのも、少し残念でした…。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 480 ] / ▼[ 482 ] ▼[ 483 ]
■481 / 2階層)  Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ ゆう Dクラス(1回)-(2006/08/10(Thu) 01:31:34)
    No480に返信(ラルタンさんの記事)
    > やはり、展開が展開だけにスッキリとはいかない結末でしたね…。
    > 明智警視らしからぬ失態にも、氏家の死にも虚しさが残り、
    > それが返って、「高遠をもう一度、悪役として描く」という点では良かったのかな。
    > 同じく、明智警視までも罠に引っ掛かってしまったのは疑問でしたが、
    > その「醜態」が、改めて高遠に対する敵対心を意識させ、またいつかの再戦が気になる所です。
    >
    > 天樹先生のブログでも言及されていた通り、
    > ページが足りなかったのか、全体的に物足りない雰囲気になっていたのは否めないと思います…。
    > 例えば、先週触れた氏家の言葉や最期はもう少し入念に描いて欲しかった。
    >
    > ただ、最期に金田一が濱にかけた言葉自体は良かったと思います。
    > 決して特別な言葉ではなかったし、あえて言えば普通の言葉だったけど、
    > その一言に救われるほど、あの時の濱は孤独で味方がいなかったのかと思うと…。
    > もしも、あの時、声をかけたのが高遠でさえなかったら…。
    > しかし、高遠がいなければ自殺してしまっていたかもしれない…。
    > やりきれない所です。
    >
    > と言うわけで、全15話という長丁場を終えた『獄門塾殺人事件』。
    > 皆さんがおっしゃる通り、
    > 二元中継による、本格と倒叙の構成やそれを利用した大胆なトリック等々、
    > 見所が多く、面白い試みだったと思います。
    > しかし、そういった試み故の苦心の跡に対して、色々と小言もありました(^-^;;
    >
    > 特に終盤の高遠に対しては、少し戸惑いもありましたし、
    > 改めて「第1期」との差異を考えさせられる一編だったようにも思います。
    > もちろん、その善し悪しを一編だけでは判断できませんし、
    > 先ずは次回作…冬の連載を楽しみに待ちたい所です。
    >
    > p.s. で、式部のケータイや厳島の薬について説明なしだったのも、少し残念でした…。


    個人的に1番気がかりなのは中屋敷のバックレですね
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 481 ] / 返信無し
■482 / 3階層)  Re[3]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ まちゃき Dクラス(2回)-(2006/08/11(Fri) 14:13:31)
    No481に返信(ゆうさんの記事)
    > ■No480に返信(ラルタンさんの記事)


    >>特に終盤の高遠に対しては、少し戸惑いもありましたし、
    >>改めて「第1期」との差異を考えさせられる一編だったようにも思います。
    >>もちろん、その善し悪しを一編だけでは判断できませんし、
    >>先ずは次回作…冬の連載を楽しみに待ちたい所です。
    >>
    高遠の描き方は、作者がわざと悪役に徹しさせるように書いたみたいですね(天樹征丸日記参照)。だから、露西亜人形のときの高遠と今回の高遠では、かなり違いがありますよね。

    >>p.s. で、式部のケータイや厳島の薬について説明なしだったのも、少し残念でした…。
     個人的には、あれはなくてもよいと思うんですよ。ただの「式部や厳島が怪しい」と思わせるためのシーンですから。それに、吸血鬼伝説の猫間さんとか、オペラ座館第三の響美登里にも「……」という無言で一ちゃんを見ていたシーンがあるんですね。あれも、思わせシーンであって、何で一ちゃんを見ていたのかの説明はありませんでした。

    > 個人的に1番気がかりなのは中屋敷のバックレですね
     中屋敷は完全に謎な人物ですね。最終話にも出てなかったし、鯨木のテキスト騒ぎの時に、何をしていたかも分かりませんし。
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 481 ] / ▼[ 486 ]
■483 / 3階層)  Re[3]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ イングラム 団の後継者(412回)-(2006/08/11(Fri) 17:58:33)
    >>p.s. で、式部のケータイや厳島の薬について説明なしだったのも、少し残念でした…。
    >
    >
    > 個人的に1番気がかりなのは中屋敷のバックレですね

    確かに。結局何の説明もないまま終わりましたね。中屋敷が姿を消してた間、何をしてたのか。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 483 ] / 返信無し
■486 / 4階層)  今さらですが・・・
□投稿者/ くるみ 団の後継者(149回)-(2006/08/18(Fri) 20:33:41)
    今回の事件の証拠「太陽荘の指紋」は、このトリックが使われた証拠になっても、濱が犯人だという証拠にはなるんでしょうか?
    氏家の場合はトリックが可能なのは彼しかいないわけだから、あの証拠で充分だけど・・・。
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 471 ] / ▼[ 489 ]
■487 / 1階層)  Re[1]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ マタロー 団の後継者(202回)-(2006/08/18(Fri) 21:16:18)
    No471に返信(テンサンさんの記事)
    > 今回も長い話でしたね。
    > 結局、氏家は死んでしまいました。
    > みすみす氏家を殺されてしまった明智警視の落胆ぶりは今まで見たことがないほどで、今後どうなっていくのか気になります。
    > 高遠に単身立ち向かってゆく一もいつにも増して格好良かったと思います。
    >
    > 自分は物語が完結するまでは、下手に批評するべきではないと考えているので、完結まではなるべく全体的な評価は避けてきましたが・・・
    >
    > 解答編は天城先生が仰っていたように、少々展開を急いでいたような気がします。
    > あと、あの明智警視が最後の高遠の脱出計画にまんまとはめられてしまう部分も、ちょっと腑におちない印象を受けました。
    > 今回の本格と叙述の二重ミステリーという実験的な試みは、個人的に良かったし、トリックも結構詰め込まれていて面白かったのですが、もう1話、2話ぐらいあってもよかったような気もします。
    >
    > 賛否両論の高遠の描き方に関してですが、今回、あれはあれで良かった気がします。
    > 関係ないですが、松岡圭祐氏の小説『千里眼』シリーズでも、物語に連続性があるにも関わらず、主人公の岬美由紀の性格が1作ごとに違うことで、いつも新鮮な気持ちで読むことができます。
    > 今回の『金田一』における高遠の残虐性もそれと同じことと僕は考えています。
    >
    > 長文失礼しました。

    私的にこの高遠パターンはもう飽きました。
    パターンは@犯人が自供→犯人に制裁→逃走
    A犯人が自供→犯人に制裁→逃走失敗で逮捕→脱走というパターンをそろそろ
    変えたほうがいいと思います。例えば他の高遠のような新キャラ登場とか・・etc

    事件自体はオペラ座館と違った面白さがあってよかったです。
    誰が殺されるのかわからないスリルを感じられました。
    また冬に期待です



ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/

▲[ 487 ] / 返信無し
■489 / 2階層)  Re[2]: 遂に『獄門塾』解決!!
□投稿者/ ラクセフィア Cクラス(25回)-(2006/08/19(Sat) 02:20:07)
    No487に返信(マタローさんの記事)
    > 私的にこの高遠パターンはもう飽きました。
    > パターンは@犯人が自供→犯人に制裁→逃走
    > A犯人が自供→犯人に制裁→逃走失敗で逮捕→脱走というパターンをそろそろ
    > 変えたほうがいいと思います。例えば他の高遠のような新キャラ登場とか・・etc
    >
    > 事件自体はオペラ座館と違った面白さがあってよかったです。
    > 誰が殺されるのかわからないスリルを感じられました。
    > また冬に期待です
    >
    >
    > 高遠のようなキャラは他には作れないと思いますね。「金田一」において唯一のレギュラー殺人犯ですし・・・他に出てきたら二番煎じだと思われそうです・・・原作者の天城先生もブログで仰ってましたが、やはり今の世の中現実と非現実の区別がつかない人も増えてきてますからね・・・それに配慮した演出だったのでしょう・・・
    あと、これはよく少年漫画にあることですが、(特に戦闘もので)罪を犯している人物も人気があったりするといつの間にやら過去の行いがうやむやにされて、いつの間にかキャラが変わるというケース・・・ロシア館や幽霊ホテルのようなケースばかり続くと高遠もその流れに乗っていってしまいかねないですからね。ここいらで、もう一度「悪」役の真髄を見せたということなのではないでしょうか?

    でも高遠もいつもこれでは進歩がないので、次に登場するときには新たな手法を見せてもらいたいですね。
ネタバレあり!
[ 親 471 / □ Tree ] 返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 検索

- Child Tree -