金田一少年の<獄門塾殺人事件>掲示板

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 検索

No350 の記事


■350 / )  そうとも限らないのでは……?
□投稿者/ 山城明人 Dクラス(4回)-(2006/07/08(Sat) 20:28:22)
    2006/07/08(Sat) 21:39:00 編集(投稿者)

    No347に返信(マタローさんの記事)
    > 香港の人なら広東語が主なのに英語で書いてるし・・・
    「広東語で書くより、英語で書いた方が読んでもらえる可能性が高くなる」と考えたのでは?
    香港には英語がわかる人が、日本より多いでしょうし……。

    > 日本語わからない人が”金田一少年の事件簿”とは書けなし・・・
    その結論もどうかと思います。
    『金田一少年の事件簿』と書いてある部分を読む程度なら、難しくはないでしょう。(殆ど漢字ですし……)
    ……で、『金田一少年の事件簿』と打てなくても、その部分をコピペすればOKです。

    尤も、私は語学が苦手……(汗)。
    web翻訳ツールを駆使して、大まかな内容は解りましたが……。
    要は、「"117"が濱に結びつかない」と言う事のようです。

    さて、私が疑問に思っている点について……。
    私がNo288で解説した看板や間取りのトリック、仕掛けられたのはいつでしょう?
    藍野が死んだ時期は明らかになっていません。
    太陽荘と月光荘が改装された時期は、中屋敷が「これが半年ぶり3回目」と言っていた事から、大体1年前でないかと思うのですが……。
    藍野が死んだのは恐らく、それより前なのでしょう。
    すると、6人を殺害するためのトリックが施された施設を、2回も普通に使っていた事になります。
    では、何故2回も「何もなし」だったのか……?
    考えられるのは2つ。
    A) 殺人を実行しようとしたが、アクシデントがあって延期せざるを得なかった。
    B) 普通に使う事で、施設の不自然さを隠すため。
    ……どうなんでしょう?
ネタバレあり!
返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 検索

- Child Tree -