金田一 新たなる掲示板

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 検索

No420 の記事


■420 / )  Re[2]: 第9話
□投稿者/ 銀田一 Qクラス(86回)-(2005/11/03(Thu) 11:52:37)

    > ここで、私の私見をひとつ。
    >
    > 不自然に長いワイヤー・客席下の床の穴・各メンバーの事件当時の立ち位置・ほこりが取れている鉄鋼・客席下の床の穴
    >
    > これらについては絵門いずみ殺害の時のトリックに関係ありでしょう。
    > まず、ワイヤーをかなり長めに切っておいて、それを鉄鋼のほうに巻きつけて、
    > 地下の穴を通して自分がいる客席に結び付けておくというところでしょう。
    > あとは、頃合いを見計らってそのワイヤーを切ればいいというところでしょうね。
    > この時、ポイントとなるのはワイヤーが伸びきる適度な位置に座っている事でしょう。そこにちょうどいい位置というのは必然的に前のほうになると思います。
    > そこで見てみると、湖月レオナが左手をずっと下ろしていたという事がどうにも気になりますね。

    同感です!!
    このトリックで間違いないでしょう^^

    > 次に砂時計ですが、これは三木谷殺害の時間差トリックの原理だと思います。
    > レオナが襲われたとき、三木谷は真っ先に走って行って捻挫したわけですが、
    > あれが本当は捻挫などしていなくて、犯人と口裏を合わせていたと仮定すれば
    > 皆が塔を出た後に、自分も塔を出て海岸沿いのルートを走っていくという風に考えることができます。
    > そこで、レオナの窓を割った犯人とちょうど道の真ん中ぐらいで合流して、三木谷を殺害、その後手首を切り取って再びオペラ座館に戻れば、塔から走ってきた人達と同時に戻ることができると思われます。
    > 後は、皆に付いて離れの塔に向かい、切り取った手首を見せれば犯行現場を錯覚させ、アリバイを手にできると思われます。
    > ただこの時に引っかかるのは、再び塔に戻った時に先頭にいた影島をはじめ、誰も三木谷の手首を見てないということです。手首が落ちていることに初めて気が付いたのはレオナがそれを踏んだ時だったはずです。
    > 暗闇であればともかく、螺旋階段ひとつしかなく、しかも懐中電灯まで持っていたのですから見逃すほうが変ですよね。そういう意味でもレオナがかなり怪しく見えてきますね。

    ここも同感です!
    レオナが手首を持っていたなら、このトリックは使えますね!
    三鬼谷がレオナに好意を持っていたようなので利用出来そうですし!

    > そして次にタランチュラとオペラ座館の煙突とその傍にある梯子についてのヒントですが、犯人は城殺害の際に引き出しの中に入れられた鍵を皆の目を盗んで抜き取り、劇場に行って城を殺害。その後、梯子を上って鍵を煙突から暖炉の中に投げ入れたと思われます。
    > この時、引き出しの中にいたタランチュラは二匹だけだったと思われます。
    > そして、最後の一匹はおそらくレオナが鍵を取り出そうとしたときに入れられたものと思われます。三匹すべてを同時に入れ、さらに一匹を袋の中に入れるというのならばかなり時間がかかりますが、あらかじめ二匹を入れておいたならば最後の一匹だけ袋の中に入れるということも不可能ではないと思われます。

    なるほど!
    それなら、暖炉に鍵が戻りますね!

    > 以上の点から、私は湖月レオナが犯人だと思います。
    > けど、あまり自信はありませんし、乾電池の謎も解けてないので、説得力に欠けていますね。

    乾電池は、ノエルさんも言ったとおり電池を回収出来てなかったという事は、蝋燭を使えなかった人物!
    つまりレオナになります!

    という事は、白神を招いたのは間違った推理をさせるためにレオナが招待状を送ったんですかね?
ネタバレあり!
返信 削除キー/


Pass/

HOME HELP 新着記事 ツリー表示 トピック表示 検索

- Child Tree -