Novels.8

邪宗館殺人事件
小説 金田一少年の事件簿(8) (講談社漫画文庫)
あらすじ

軽井沢の瀟洒な別荘─邪宗館で、六年ぶりに旧友たちと再会した金田一。彼らはそれぞれの才能を開花させ、魅力的に成長していた。しかし、金田一の訪れによって蘇った六年前の夏の思い出が、彼らに新たな破門を投げかける………。不吉な予兆とともに、晩夏の高原で悲劇の幕が上がる─!

怪人
邪宗門
舞台
軽井沢 邪宗館
サブタイトル
  • プロローグ 『六年前、夏の終わり』
  • 第一章 四人の“天才”たち
  • 第二章 邪宗館の惨劇
  • 第三章 アリバイの邪宗門
  • 第四章 真相
登場人物
金田一一、七瀬美雪、長島滋、明智健悟
金田一の母
常葉瑠璃子“仲間” 美少女バイオリニスト
絵馬純矢“仲間” 幾つも賞を持つ少年画家
荒木比呂“仲間” 芥川賞候補の若手作家
井沢研太郎“仲間” プログラム開発の秀才
絵馬龍之介「邪宗館」のオーナー、絵馬純矢の父
数年前、息子を慮り、3人の孤児を引き取る
絵馬翠絵馬純矢の母、龍之介の妻
遠藤樹理「邪宗館」で働くメイド
三島幾真絵馬龍之介の元教え子
堂本富士雄「邪宗館」の管理人
堂本香苗堂本富士雄の妻
<マガジンノベルス>

マガジンノベルス
「邪宗館殺人事件」

金田一少年の事件簿 邪宗館殺人事件   マガジンノベルス

全編掲載

【2001年4月20日発売】

ISBN:978-4063243437

<漫画文庫版>

講談社漫画文庫 小説8
「邪宗館殺人事件」

小説 金田一少年の事件簿(8) (講談社漫画文庫)

全編掲載

【2013年4月12日発売】

ISBN:978-4063709148