上記メニューより選択してください。各事件の登場人物は全事件リストをご覧ください。
説明内の各事件タイトルは、全事件リストの当該項目にリンクしています。
金田一一 (きんだいち はじめ)

名探偵・金田一耕助を祖父に持つ、本作の主人公。

不動高校2年生。勉強・スポーツともに苦手なオチコボレ、おまけにスケベ心も旺盛な普通の高校生。しかし、ここぞと言う場面ではそんな普段の表情とは一変。IQ180を誇る頭脳が冴え渡り、ジッチャン譲りの「推理力」「洞察力」が発揮される。

その類い希なる推理力が、これまで幾度となく難事件を解決へと導いてきた。なかには、金田一自らも危機に陥ることも少なくはなかったが、推理力に加え、持ち前の「正義感」を武器に、「ジッチャンの名にかけて」、真相を追い求める。

登場タイトル
すべての事件に登場
事件本編以外の登場タイトル
七瀬美雪 (ななせ みゆき)

「はじめちゃん」の幼馴染みであり、良きパートナー。

不動高校2年生。美人で成績優秀、生徒会長もこなす才色兼備。学校内での人気も高く、それだけに、仲の良い金田一と美雪の関係をアンバランスだと茶化す友達も多い…。ただ、お互いに恋心を秘めながらも、いまひとつ恋人へは発展せず、「幼馴染み以上恋人未満」の状況が続いている。

最近ではミス研の部長も兼任し、日々ミステリーについて勉強中。

登場タイトル
ほぼすべての事件に登場
事件本編以外の登場タイトル
剣持勇 (けんもち いさむ)

金田一を信頼する、警視庁捜査一課の警部。

叩き上げの鬼刑事。オペラ座館での事件以来、金田一の推理力を高く評価し、数々の事件を共に乗り越えてきた一番の理解者。捜査の協力を求め、金田一の推理を懸命にサポートする。その関係性は、立場も年の差も越えた「友情」に近いものがあり、「オッサン」呼ばわりされる事もすっかり定着している。

一家の大黒柱であるが、妻の和枝には頭が上がらない様子…。

登場タイトル
大半の事件に登場
事件本編以外の登場タイトル
明智健悟 (あけち けんご)

東大卒、警視庁きってのエリート警視。

東大法学部を卒業後、アメリカで犯罪心理学を専攻、ロス市警で研修…と、キャリア街道を突き進み、若くして警視となる。華麗なる経歴はそれだけに留まらず、バイオリン、フェンシング、チェスなどの分野においてもプロ顔負けの腕前を誇る。その上、眉目秀麗となれば、「存在自体がイヤミ」という周りの評判も頷ける。

他ならぬ金田一も、彼のキザでこの上なくイヤミな性格を嫌っている1人だが、一方でその確かな推理力には信頼を置いている。

佐木竜太 (さき りゅうた) / 佐木竜二 (さき りゅうじ)

常にビデオカメラを持ち歩く、名探偵の助手。

兄の佐木竜太(佐木1号)は不動高校1年生。ミス研部員で、常にビデオカメラを持ち歩き撮影するその姿は、傍目には不気味そのものだが、何気なく撮影した映像が事件の重要な手掛かりとなることが少なくない。函館の事件で殺害される。

弟の佐木竜二(佐木2号)は不動中学3年生。兄の遺志を継ぎ、金田一の有能な助手を自任。その活躍の幅は、兄にも優る。現在は、勝手に「金田一はじめホームページ」を開設し、広く依頼を募っている。

金田一二三 (きんだいち ふみ)

はじめの叔父・金田一丙助のひとり娘。

小学3年生。叔父が怪しい財宝発掘のためチベットへと旅立って以来、現在は金田一の家で暮らしている。皆の前では人懐っこく、可愛らしい女の子なのだが、その実、心の中では大人びた本音を覗かせる二面性の持ち主。はじめの前でだけは、その裏の性格のまま毒づくも多く、豹変ぶりに困惑することもしばしば。

フミ自身も、紛れもなく金田一耕助の血を引く孫らしく、持ち前の閃きで事件を解決したこともある。

速水玲香 (はやみ れいか)

金田一に想いを寄せる、人気絶頂のトップアイドル。

背氷村の事件で金田一と出会い、濡れ衣を晴らしてくれた。幼い頃から芸能界に居たため、人知れず寂しさや孤独を抱えていたなか、飾ることなく接してくれる金田一に惹かれ始める。時には金田一をめぐって、真正面から美雪にライバル意識を燃やすなど大胆な一面も。

タロット山荘誘拐事件など、彼女にとって辛い事件がつづく中、気丈に笑顔を振る舞う姿はさすがアイドル。

いつき陽介 (いつき ようすけ)

情報収集に長けた、フリーライター。

その取材力・情報網は、金田一が推理する上での心強い味方となっている。仕事柄 人脈も広く、仲間を信頼する人情に厚い男。金田一が容疑を掛けられた事件で、彼の仕事仲間が金田一を手助けしてくれたのも、その賜物と言える。

その裏返しなのか、初対面の人間には歯に衣着せぬ発言をすることが多く、悲恋湖リゾートの事件では、周りに反感を持たれていた。

現在は、知人の娘・瑞穂と共に暮らしおり、面倒見の良い父親ぶりを見せている。

高遠遙一 (たかとお よういち)

犯罪芸術家を標榜する「地獄の傀儡師」。

マジックさながらの「芸術犯罪」に強いこだわりを持ち、殺人プランナーとして事件を陰で操り、暗躍する天才犯罪者。最初の事件は、魔術団を舞台にした殺人事件だった。真実を見抜く「探偵」とそれを欺く「犯罪者」という相反する立場でありながらも、金田一に対して「共鳴」を覚え、宿命のライバルとして捉えている。

それ以来、幾度かの脱獄を繰り返し、“犯罪の種”を察知しては殺人の計画を立案し、金田一に挑戦状を叩き付ける。

怪盗紳士 (かいとうしんし)

鮮やかな犯行で世間を騒がせる、怪盗。

名画や芸術品を、そのモチーフと共に奪い去る稀代の大泥棒。トレードマークである「シルクハット」が描かれた予告カードを送り付け、鮮やかな手口で“仕事”を遂行。巧みに警察を翻弄する。被害総額は50億円を超える。それでいて洒落っ気のある犯行に、世間を騒がせている。

変装に長けており、別人に扮して潜入するため、その素顔は未だ明らかになっていない。