投票結果ログ
  【2008年】 【2007年】 【2006年】
【2005年】 【2004年】 【2003年】 【2002年】

【金】次のうち、友達にするなら誰? 投票結果
<投票投稿者:キャット・マジシャンさん>
(投票数 225票)
■金田一一
28.0% 63 (28.0%)
■七瀬美雪
19.1% 43 (19.1%)
■速水玲香
18.7% 42 (18.7%)
■いつき陽介
16.0% 36 (16.0%)
■金田一二三
7.1% 16 (7.1%)
■佐木竜二
4.0% 9 (4.0%)
■明智警視
4.0% 9 (4.0%)
■剣持警部
3.1% 7 (3.1%)
■Vol.51 12/06〜12/20

前回が50回記念なら、今回は50回突破記念投票(笑)。
豪華な『金田一』フルメンバーでの投票となりました。
しかし、いつもこういったキャラクター投票の場合、
「好きなのは?」という聞き方ばかりだったのに対して、
あえて「友達にするなら?」という基準で見る、良い試みだったかと。

その為、「友達」投票だからこその結果もあります。
例えば、明智警視が下位のほうというのも、その1つですね。
あらゆるコトに完璧な明智警視は人気高いのですが、
身近な存在としては、近寄りがたいということでしょうか…。
【金】次のうち、好きなキャラは誰? 投票結果
<投票投稿者:金田一さん、マリオネットさん>
(投票数 191票)
■金田一一
48.2% 92 (48.2%)
■明智健悟
28.8% 55 (28.8%)
■高遠遙一
23.0% 44 (23.0%)
■Vol.50 11/15〜12/06

ちょうど50回目となる節目の投票として、
改めて屈指の人気を誇る3人での人気投票を行いました。
ちなみに4年前の『金田一少年 公式特設サイトで』行われた
人気投票の結果も、この3人がトップ3となりました。
[1]明智警視、[2]高遠遙一、[3]金田一一の順位でした。

それと比較した場合、今回は金田一一が大きく首位に。
ここに来て、ようやく主人公が返り咲いたんですね(^-^;;
(規模も期間も時期も違うのに、比べるのもアレですが...)
【金】『金田一』は今後、どういった形で復活してほしい? 投票結果
<投票投稿者:チュワさん>
(投票数 141票)
■第2期として連載再開
83.0% 117 (83.0%)
■それよりも『探Q』
7.1% 10 (7.1%)
■一年に1度の短期連載
6.4% 9 (6.4%)
■季節に1度の短期連載
3.5% 5 (3.5%)
■Vol.49 11/1〜11/15

この質問は、マガジン44号の読者アンケートからの出典です。

その結果は一目瞭然!
『第2期再開』に期待する票が圧倒的となりました。
12月には『吸血鬼伝説』コミックスが発売!
その際に何らかの続報がないか、期待したいところ。
【Q】Qクラスで好きなキャラは? 投票結果
(投票数 182票)
■キュウ
30.2%% 55 (30.2%)
■リュウ
24.7% 45 (24.7%)
■メグ
22.5% 41 (22.5%)
■カズマ
11.5% 21 (11.5%)
■キンタ
11.0% 20 (11.0%)
■Vol.48 10/3〜11/1

不定期ペースではありますが、
投票開始から2年経ち、間もなく50回になろうとしています。
そこでサイト休止と前後するこの機会に、
第1回「Qクラス人気投票」を改めて掲載しました。

前回の投票から、キャラがより深く描かれており、
好きなキャラも上下があるものだと思いましたが、
あまり前回と変化が少なかったのが意外でした。
前回投票結果は、2002年第1回をご覧下さい。
【Q】次のうち、好きな九頭龍匠作品はどれ? 投票結果
(投票数 81票)
■バイオリン「テスタ・ディ・ドラゴ」
28.4% 23 (28.4%)
■組木細工「千鱗龍」
22.2% 18 (22.2%)
■幽霊画「雪月花」
22.2% 18 (22.2%)
■騙し絵「10匹の龍」
14.8% 12 (14.8%)
■陶器「紫雲龍」
12.3% 10 (12.3%)
■Vol.47 9/21〜10/3

幾重もの謎が秘められ、
事件を彩っている、九頭龍匠の芸術作品。
『吊り橋村殺人事件』で「千鱗龍」が登場したことで、
その数も増えているということで投票でした。
結果は、『幻奏館殺人事件』に登場する
幻のバイオリン「テスタ・ディ・ドラゴ」となりました。
【金】もしも、『吸血鬼伝説殺人事件』がメディアミックスするなら? 投票結果
(投票数 186票)
■アニメ化
45.2% 84 (45.2%)
■しない方がいい
32.3% 60 (32.3%)
■同キャストでドラマ化
15.6% 29 (15.6%)
■新キャストでドラマ化
5.4% 10 (5.4%)
■その他
1.6% 3 (1.6%)
■Vol.46 9/10〜9/21

3年半ぶりの『吸血鬼伝説殺人事件』に合わせてか、
「再びドラマ化」という噂が掲示板でにわかに流れました。
その真偽は、定かではありませんが―、
例えば『上海魚人伝説』のように
原作後、すぐにメディア化という展開があるならば、
アニメ化、ドラマ化、どれが良い?という投票です。
【金】コミックスのサイズ・形態はどれが好き? 投票結果
(投票数 50票)
■通常コミックス
72.0% 36 (72.0%)
■漫画文庫版
12.0% 6 (12.0%)
■雑誌サイズ (総集編/マガジン)
8.0% 4 (8.0%)
■コミックスDX (短編集、ベストセレクション)
8.0% 4 (8.0%)
■Vol.45 9/2〜9/10

新たに、漫画文庫版が発売されたのを機に、
好きなコミックスのサイズがどれか投票してみました。
手軽さ、読みやすさと
画の大きさのバランスが重要となる中、
最も親しまれている通常コミックスが支持されました。
【金】漫画文庫版を、あなたは買いましたか(買いますか)? 投票結果
(投票数 60票)
■コミックスから買い足し
36.7% 22 (36.7%)
■買わない
26.7% 16 (26.7%)
■お気に入りの事件だけ買う
15.0% 9 (15.0%)
■文庫版で、初めて買う
13.3% 8 (13.3%)
■コミックスから買い換え
8.3% 5 (8.3%)
■Vol.44 8/25〜9/2

Vol.41での予告通り、文庫版に関する投票でした。
待望の文庫化である反面、
「買い足す」と「見送る」という意見が上位でした。
また、この機会に初めて集める方もいるようで、
「漫画文庫」の様々な市場が見える結果となりました。
【金】どの場面で、もっとも「帰ってきたなあ」と感じましたか? 投票結果
(投票数 172票)
■表紙orカラーページ
33.7% 58 (33.7%)
■再会
32.0% 55 (32.0%)
■明智警視登場
8.1% 14 (8.1%)
■マガジン読んでいない
7.6% 13 (7.6%)
■「きいたぜジョー」
6.4% 11 (6.4%)
■一の推理
5.2% 9 (5.2%)
■事件発生
2.3% 4 (2.3%)
■美雪&剣持の登場
2.3% 4 (2.3%)
■その他
2.3% 4 (2.3%)
■Vol.43 8/11〜8/25

実に3年半ぶりの記念すべき復活第1話!
ひとつひとつのセリフや展開に、
『金田一少年』が帰ってきた喜びが感じられました。
というわけで、第1話を幾つかに区分して、
「ああ、金田一少年が帰ってきたんだなあ」
と感じたところを投票してもらいました。

結果は、ご覧の通りになりました。
「表紙orカラーページ」「再会」が
他と大きな差をつけて、受け入れられました。
【金】今回の復活で、もっとも登場してほしいキャラは 投票結果
(投票数 401票)
■あえて一&美雪だけで!
40.4% 162 (40.4%)
■明智警視
28.7% 115 (28.7%)
■その他
8.0% 32 (8.0%)
■剣持警部
7.2% 29 (7.2%)
■いつき陽介
4.7% 19 (4.7%)
■速水玲香
4.5% 18 (4.5%)
■金田一フミ
3.2% 13 (3.2%)
■佐木竜二
3.2% 13 (3.2%)
■Vol.42 7/29〜8/11

8月4日から新連載『吸血鬼伝説殺人事件』に
再登場してほしいレギュラーキャラの投票結果です。

が、今回はあくまでも
連載復帰ではなく、この長編一本のみの復活である為か
意外にも、「あえて一&美雪だけで!」という結果が
第一位になりました。
奇しくも、すでに連載は開始されており、
二人だけの登場、ということは叶わなかったものの、
あらためて「金田一少年」の活躍が楽しみですね!
【金】コンビニ廉価版がシリーズ化されたら、あなたは買いますか? 投票結果
(投票数 86票)
■買い揃える
34.9% 30 (34.9%)
■発売してみないとわからない
29.1% 25 (29.1%)
■買わない
16.3% 14 (16.3%)
■毎回の収録内容に依る
14.0% 12 (14.0%)
■暇つぶし程度に買う
5.8% 5 (5.8%)
■Vol.41 7/12〜7/29

待ちに待った復活!となる『金田一少年の事件簿』
その先駆けとなるコンビニ廉価版「真夏のミステリー編」に関する投票。
あくまで再収録であるなかで、「買い揃える」が首位になった。
一方で、戸惑いもあって「発売してみないと…」も上位です。
そんな「真夏のミステリー編」は昨日から発売中です!

ちなみに再収録と言えば、講談社漫画文庫版もそう。
というわけで、こちらも近々投票を行いたいと思います。
【Q】「ミステリー・クイズ・ブック」の感想は? 投票結果
(投票数 68票)
■丁度良い
41.2% 28 (41.2%)
■買ってない
30.9% 21 (30.9%)
■難しい
16.2% 11 (16.2%)
■簡単
11.8% 8 (11.8%)
■Vol.40 6/24〜7/12

6/17に発売された「ミステリー・クイズ・ブック」。
クイズ問題集の大事な要素として、難易度設定があります。
そこで、このような投票を行いましたが、
評価とは違う「買ってない」票が多いのが気になります。

副読本に関しては、まだ少し苦戦気味…?(>_<)
【アンケート】「探偵学園Q」をどのように読んでいますか? 投票結果
(投票数 52票)
■コミックスのみ
50.0% 26 (50.0%)
■マガジン立ち読みor借りる
28.8% 15 (28.8%)
■マガジン購読
21.2% 11 (21.2%)
■Vol.39 6/17〜6/24

ワケあって投票ではなく“アンケート”を行いました。
ひとつに『探Q/金田一専用掲示板』においての
推理やネタバレ記事の在り方を再考したいためです。
最終的に、形に成るかは断言できませんが…。
明智警視の優雅なる事件簿 投票結果
(投票数 73票)
■死者のチェックメイト
41.1% 30 (41.1%)
■幽霊ホテル殺人事件
26.0% 19 (26.0%)
■殺人ポーカー
20.5% 15 (20.5%)
■証言パズル
12.3% 9 (12.3%)
■Vol.38 6/2〜6/17

久しぶりに『金田一少年』関連の投票を行いました。
と言うより、明智警視投票になってしまいましたが…。
結果はご覧の通り、「LasVegasチェス大会」の活躍を描いた
3作目『死者のチェックメイト』となりました。

また、今回の投票からトップページでの表示の際に
『探Q』関連は【Q】、『金田一』関連は【金】と表記します。
あらためて、どちらが好き? 投票結果
(投票数 196票)
■金田一少年の事件簿
73.5% 144 (73.5%)
■探偵学園Q
26.5% 52 (26.5%)
■Vol.37 5/10〜6/2

『探偵学園Q』連載開始から、早3周年。
当初は賛否両論ありましたが、着実に世界観を
築いています。そんなわけで、これを期に投票しました。

とは言っても、さすがにメガヒットした
『金田一少年』にはまだ遠く及ばず。更なる飛躍に期待!
次のうち、好きなトリックは? 投票結果
(投票数 93票)
■『魔矢姫伝説殺人事件』密室トリック
49.5% 46 (49.5%)
■『神隠し村殺人事件』の真実
23.7% 22 (23.7%)
■『幻奏館殺人事件』自動殺人トリック
18.3% 17 (18.3%)
■『殺人コレクター』アリバイトリック
8.6% 8 (8.6%)
■Vol.36 4/20〜5/10

『探偵学園Q』の中で、
特徴的な四つのトリック群をピックアップしてみました。
ちなみに『切り裂き島』や『雪月花』については、
物語の<構造自体に仕掛けがある>趣向なので、
トリック投票である今回は除外しました。
好きな探偵コンビ(チーム)は 投票結果
(投票数 133票)
■キュウ&リュウ
41.4% 55 (41.4%)
■キュウ&メグ
22.6% 30 (22.6%)
■リュウ&遠矢
10.5% 14 (10.5%)
■その他
9.8% 13 (9.8%)
■リュウ&メグ
8.3% 11 (8.3%)
トリオ・ザ・ビューティー
7.5% 10 (7.5%)
■Vol.35 4/1〜4/20

『探Q』の見所の一つでもある探偵チームでの活躍!
その中でもっとも人気なのは?という投票です。

結果は、閃きのキュウと天才のリュウという
ライバルでありベストパートナーである、このコンビでした!
ちなみに「その他」には、
カズマ&キンタや、キュウ&雪平を想定していました。
もしくは、まだ実現していない
今後が期待されるコンビというのも含まれますね。
『探Q』アニメ終わりますが、次のメディアミックスに望むものは? 投票結果
(投票数 161票)
■TVドラマ化
28.6% 46 (28.6%)
■最後に、アニメ劇場版
28.6% 46 (28.6%)
■何も望まない (原作重視)
26.7% 43 (26.7%)
■ゲーム化拡大
8.7% 14 (8.7%)
■OVAで継続
7.5% 12 (7.5%)
■Vol.34 3/14〜4/1

TBSでは4月12日の放送で『探偵学園Q』が最終回となった。
系列各局でも順次、最終回を迎えるだろう。
当初の期待とは裏腹に、早すぎる最終回なので
「次は何があるだろう?」ってことでの投票です。

意見としては両極端である、
ドラマ&劇場版、と、原作重視が上位に。
今回の結果に、悲喜交々を感じます。
次の長編事件のうち、一番好きなのは? 投票結果
(投票数 115票)
■雪月花殺人事件
45.2% 52 (45.2%)
■幻奏館殺人事件
26.1% 30 (26.1%)
■殺人コレクター
13.0% 15 (13.0%)
■神隠し村殺人事件
10.4% 12 (10.4%)
■切り裂き島の惨劇
5.2% 6 (5.2%)
■Vol.33 3/1〜3/14

主な長編事件をピックアップした、
当サイトでは初めての『探Q』事件簿投票になります。
第一位となったのは、圧倒的な逆転劇を展開した
最新作「雪月花殺人事件」が、大差をつけました!

また、作品順も下位から順番になっている事にも注目したい。
あなたはゲーム版をプレイ(購入)しましたか? 投票結果
(投票数 103票)
■どっちも持ってない
43.7% 45 (43.7%)
■GBA『名探偵はキミだ!』のみ
39.8% 41 (39.8%)
■どっちも持ってる
10.7% 11 (10.7%)
■PS2『奇翁館の殺意』のみ
5.8% 6 (5.8%)
■Vol.32 2/11〜3/1

『探偵学園Q』のメディアミックスの一つであるゲーム。
現在、二作が発売されたところでの投票です。

やはり「ハードを持っていない」等々の制約がある為か、
「どちらも持っていない」という方が僅差で多いようです。
そんな中、二位となった GBA版の続編が
今週発売されるが、その動向が気になります。
「DDS」講師陣で好きなキャラは? 投票結果
<投票投稿者:九頭龍さん、高大さん>
(投票数 147票)
■七海光太郎
58.5% 86 (58.5%)
■鬼首独郎
12.2% 18 (12.2%)
■団守彦
11.6% 17 (11.6%)
■本郷巽
9.5% 14 (9.5%)
■片桐紫乃
4.8% 7 (4.8%)
■真木慎太郎
3.4% 5 (3.4%)
■Vol.31 1/28〜2/11

引き続き、投稿投票。
今度は「DDS講師陣」で好きなキャラクターは?。

結果は、変装名人・七海光太郎の圧勝!
他の5人を足しても、追いつかないほどの票差でした。
伝説の名探偵・団守彦も人気では敵わなかった―?
本編では、「この中にスパイがいる?」という展開もあり、
改めて、講師陣にも注目が集まります。
「DDS」Aクラスで好きなキャラは? 投票結果
<投票投稿者:高大さん>
(投票数 170票)
■雪平桜子
34.1% 58 (34.1%)
■三郎丸豊
20.0% 34 (20.0%)
■白峰隼人
17.1% 29 (17.1%)
■遠矢邦子
12.9% 22 (12.9%)
■獅子戸猛
12.9% 22 (12.9%)
■郷田京助
2.9% 5 (2.9%)
■Vol.30 1/14〜1/28

初めて投稿された投票を掲載しました。
 ※ちなみにコチラで投稿募集中です
第1回のQクラス投票とは対称的な、
30回目となる今回は、Aクラス勢の人気投票です。

Aクラスのリーダーでもある雪平がトップ!
2位〜5位は12票差という僅差の結果とは裏腹に、
5票となってしまった郷田が気掛かりです…。
そんなわけで、Aクラスの今後にも期待ですね。
金田一ノベルス、最も好きなのは? 投票結果
(投票数 234票)
■電脳山荘殺人事件
17.9% 42 (17.9%)
■殺戮のディープブルー
16.2% 38 (16.2%)
■邪宗館殺人事件
14.5% 34 (14.5%)
■鬼火島殺人事件
14.5% 34 (14.5%)
■上海魚人伝説殺人事件
12.8% 30 (12.8%)
■雷祭殺人事件
10.7% 25 (10.7%)
■オペラ座館 新たなる殺人
6.8% 16 (6.8%)
■幽霊客船殺人事件
6.4% 15 (6.4%)
■Vol.29 12/17〜1/14

年末年始ということもあって、
いつになくノベルス・ランキングを実施しました。

結果は、『電脳山荘殺人事件』が首位に。
その舞台や展開から、本格モノとしても好評価の作品です。
続いて、劇場化された長編『殺戮のディープブルー』や
最新作『邪宗館』や『鬼火島』が並んだものの、
いずれも僅差である点では、甲乙付けがたいところ…。

そんなノベルスですが、『邪宗館』が出たのが2001年。
そろそろ新作が欲しいというのも本音ですね...。



<HOME>