おバカに生きてりゃ この世はHAPPY!!
バカバカしいの!


週刊少年ジャンプ31号(2000年)にガモウひろし氏の読切作品。
「バカバカしいの!」が一挙2話で掲載されました。
簡易ながら、ココで紹介しようと思います。

「バカバカしいの!」キャラリストはこちら!
おバカ1 あなたは王子です!
 突然、聞いた事もない国・椎野王国の王子になった椎野望磨。
 この椎野王国は「名は体を表す」、そして椎野望磨は王子に「のぞま椎野」で任命された。また、王子は伝承の名札を付け、1000の名前のどれかを叫ぶと変身する事ができる。
 だが、現在、椎野王国は敵国・須田王国に狙われていると言う。
 翌朝、椎野望磨を助けた事のある“さび椎野”が、須田王国に捕まってしまう。それにより、王子は“りり椎野”に変身して、助けに向かう!そして、王子は名札で幾つもの変身を駆使し(?)、須田王国をやっつける。
 だが、須田王国は“名後”率いるMM連合に操られている事がわかる。果たして、“名後”の正体とは!?

おバカ2 自分の名前に誇りを持とうね!!
 早くも大人気の「バカバカしいの!」待望の第2話!!(苦笑)
 椎野王国の住人は“名後”により、どんどん名字が前にされてしまう。「名は体を表す」椎野王国は、それぞれの個性がなくなってしまう…。
 王子は、買い物に行き、その名字が前の人々を発見…。そして、ついに“名後”も発見する!王子は、またしても名札での変身を駆使し、“名後”に挑む!
 そして、“名後”の本名が“金田 松吉”だと判明する。そう、名前が先だと、この様に嫌な名前になる為、名前を後にする事を企んだと自白する…。
 ところが、皆から「男らしい名前」と絶賛され、“名後”も改心する。チャンチャン♪


<BACK> <HOME>
はみだしツッコミ(?) 誤字発見!264ページ、“くわ椎野”の名前説明が“く椎野”になってます。どーでもいいんですけど(^^;;;